フィンランド・デザイン
by mysuomi
MY SUOMI INFO
マイスオミ株式会社
ヘルシンキを拠点に、
フィンランドのデザインや建 築・ライフスタイルに興味をお持ちの皆様へ日本語のガイドツアー、その他様々なサービスをご提供する会社です。
www.mysuomi.fi



カテゴリ
デザイン
建築
ライフスタイル
ヘルシンキ
文化
教育
グルメ
プロダクト
質問
北欧
イベント
MY SUOMI NEWS!
お知らせ
クリスマスカレンダー2013
トーベ100周年
役立つ情報
My Suomi Team
以前の記事
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
more...
最新のコメント
おはようございます。 ..
by キナコタケ at 04:32
突然のコメント失礼します..
by ふみ at 23:14
フィンランド語が世界で一..
by わし at 04:46
レフティだろ
by おれ at 04:40
突然すみません。 TB..
by ヒガシガワ at 19:15
moncler pas ..
by pirate bla at 06:47
Most http://..
by iaayidub at 13:25
Nach meiner ..
by eaglesEr at 02:38
They search ..
by human hair at 01:23
louboutin wo..
by christian at 20:26
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧
【レシピ】Rosolli(ロソッリ)
モイ!
マイスオミのラウラです。

昨日掲載した記事に「Rosolli(ロソッリ)」というサラダが登場していました。

クリスマス周辺に食べられているサラダですので、時期がまだ少し早いのですが、個人的にはいつ食べれもいいぐらい美味しいと思いますので、皆様にレシピを紹介したいと思います。

a0071240_2322760.jpg

※フィンランドの酪農製品メーカーの「Valio」のレシピと写真です(訳は筆者による)。

「Rosolli」

材料

人参     4 (300 g) 
じゃがいも  3 - 4 (300 g) 
りんご    1
ビーツの酢漬け 4 (200 g)
キュウリのピクルス 3 (※ピクルスのサイズにもよりますので、他の野菜と大体同じぐらいの分量だと考えるといいです。)
玉ねぎ    1


生クリーム  3,3 dl
お酢     大さじ1
砂糖     大さじ2 - 3
塩       少々
ビーツの酢漬けの汁 大さじ1


作り方
1.人参とじゃがいもをそれぞれ少し柔らかくまでゆで、冷やします。

2.人参とじゃがいもとりんごの皮をむき、角切りにします。(2センチ、または好みで)
ビーツの酢漬けとキュウリのピクルスも角切りにし、玉ねぎを大き目のみじん切りにします。

a0071240_2312271.jpg


3.①の材料をなるべく崩さないように混ぜます。

4.生クリームのお酢を加え、ホイップクリームにします。

5.砂糖と塩とビーツの酢漬けの汁を加え、混ぜます。

野菜キューブとクリームは一緒に混ぜてもいいし、クリームをサラダの上に乗せるだけでもいいです。
[PR]
by mysuomi | 2013-10-31 20:30 | グルメ | Trackback | Comments(0)
日本でフィンランドの朝ごはん
Huomenta!(フオメンタ;おはよう)
マイスオミのラウラです。

いつもの「モイ」の代わりに、「Huomenta」を書いたことに意味がありますが、なんと…

a0071240_2352135.jpg


表参道にある「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプトのカフェ「WORLD BREAKFAST ALLDAY ワールド・ブレックファスト・オールデイ」では、フィンランドの朝ごはんが食べられます!

2ヶ月おきに国を代わり、その国の伝統的な朝食が食べられるというカフェですが、「朝」ごはんではあっても、一日中食べられますので、朝ごはん大好きな方にはうれしいコンセプトですね。

しかも、11月と12月は、「フィンランド」がテーマになりますので、フィンランドが好きな方にも非常に楽しみです!

同カフェのフィンランドの伝統的な朝ごはんは「Karjalanpiirakka(カリャラン・ピーラッカ)」というフィンランド人にとても愛されている東部カレリア地方の伝統料理がメインです。Karjalanpiirakkaはフィンランド人にとっておにぎりのような存在で、全国に食べられています。

サラダはクリスマスの食卓に必ず登場する、ビーツで紫色に染まった「Rosolli(ロソッリ)」、そして森の国だということで、キノコのソテー。

ミートボールはにはリンゴンジャムを添えてあるようですが、なかなかオリジナルですね。フィンランドでは見たことのない新しい組み合わせです。

飲み物はクリスマス周辺によく飲まれている、とても香ばしい「Glögi(グロギ)」です。

写真にはフィンランドのみんなが毎朝読む「Helsingin Sanomat」(ヘルシンキ新聞)が置いてあって、フィンランドの朝ごはんの雰囲気がよく出ています。実際には、ミートボールもロソッリもキノコのソテーも朝ごはんには食べませんが、日本ですし、いいでしょう♪


「WORLD BREAKFAST ALLDAY」

東京都渋谷区神宮前3-1-23-1F
03-3401-0815
(表参道から徒歩7分)

営業時間
月―土 9時―22時
日 9時―17時

HP
Facebook

※料理名のカタカナ表記をフィンランド語の発音により近い表記に変更しました。
[PR]
by mysuomi | 2013-10-30 07:41 | イベント | Trackback | Comments(2)
フィンランド・クイズ
MOI!

10月も残りわずかですが、10月の最後の月曜日にもいつものように月曜病になってしまい、それを言い訳に朝ごはんにチョコレートを食べてしまったラウラです。

チョコレートはもちろんFazer(ファッツェル)。

さて、月曜日からで申し訳ありませんが、頭の体操クイズを出したいと思います。ご存知の方いらっしゃれば、コメント欄にお願いいたします♪

1.ここはどこでしょうか。

a0071240_1742930.jpg


ヒント:ヘルシンキ以外のフィンランドの町です。

2.これは何でしょうか。

a0071240_1754199.jpg


ヒント:写真の角度はいつものと違います。

3.どこの、または誰による図書館でしょうか。

a0071240_1772168.jpg


ヒント:ヘルシンキのある建物です。


それでは、皆様のお答えを楽しみにしております!
[PR]
by mysuomi | 2013-10-28 17:10 | 文化 | Trackback | Comments(3)
陶芸の世界に惹かれて… (ビルイェル・カイピアイネン)
皆さん、モイ!
マイスオミのヘンナです。

今日は、最近行った面白い展示会を紹介したいと思います。
ブログを読んでくださっている皆さんの中で、アラビアなどのフィンランドデザインに興味を持っている方も多いでしょう。この展示会は特にそういった方にお勧めです。

エスポー市立現代美術館EMMA(エンマ)では、6月からBirger Kaipiainen(ビルイェル・カイピアイネン)の作品が揃った展示会が開催されています。
カイピアイネン(1915–1988)は、フィンランド一有名な食器メーカーのアラビア社にデザインしたParatiisi(パラティ―シ)シリーズで世界的知られていますが、それ以外にも数多くの分野で活躍していた陶芸家・デザイナーです。
a0071240_22405443.jpg

今回の展示会では、カイピアイネンによる様々な絵、オブジェ、陶磁器や壁紙が集まっていて、彼のオリジナル作品を見るには非常に貴重なチャンスです。
a0071240_22235661.jpg

a0071240_22233025.jpg

カイピアイネンはルネサンスなどから影響を受け、彼の作品はよくフィンランドデザインの特徴と言われる「シンプルさ」とは遠く離れたものです。
ビーズなどを使った独特なスタイルで、例えばこんなゴージャスな作品を作っていました。
a0071240_2223128.jpg

a0071240_22351953.jpg

手に入れるのは無理だと思いますが、ぜひこんな素敵な作品を自分の壁にも貼っておきたいな…^^
カイピアイネンの作品は前からも惹かれていましたが、この展示会のおかげでさらに好きになりました!

エンマでは他の展示会もあって、それは全て同じ入場料に含まれています。
時間があれば是非行ってみてください!

【展示会の情報】

会場: エスポー市立現代美術館EMMA(Espoo Museum of Modern Art)
(文化センターWeeGee内)
開催期間: 2013年6月19日~2014年1月12日
営業時間:
月曜日       定休日
火曜日、木~金曜日 11時~18時
水曜日       11時~20時 
土~日曜日      11時~17時
入場料: 大人12€ (水曜日18~20時は無料)
アクセス: Kamppi(カンッピ)バスターミナルより106、106T、110、110Tまたは110TA号のバスのWeeGee-talo停留所より徒歩2分
ウェブサイト: http://www.emma.museum/en/kaipiainen
[PR]
by mysuomi | 2013-10-25 22:34 | デザイン | Trackback | Comments(0)
おすすめ新発売チョコ
モイ!
マイスオミのラウラです。

この間は、120年あまりの歴史を持つ、フィンランドで一番愛されているお菓子メーカー「Fazer(ファッツェル)」のムーミンチョコを紹介しましたが、またまたFazerの話で失礼します。

実は新発売のチョコテートが出ました!
(そして甘党の私は、それをすぐにフィンランドの母に送ってもらいました...)

しかも、フィンランドらしいベリー味です。

a0071240_23395034.jpg


「Karl Fazer valkoinen suklaa, mansikka ja vadelma」
カール・ファッツェルのホワイトチョコ・いちご・ラズベリー

ホワイトチョコにいちごとラズベリーのチップが入っていて、下にはダークチョコもあります。

a0071240_23433726.jpg


ホワイトチョコとベリーの甘さとダークチョコのほど良い苦さの相性が抜群です!
チップの食感もとても気に入って、チョコバーの大きさも37グラムというおやつにぴったりなサイズです。

コーヒーと一緒に食べたらもっと美味しいと思います。

こちらのチョコレートはFazerの店ではもちろん、スーパーでも売っていますので、どうぞお試しください!

母に3本送ってもらいましたので、食べるタイミングを慎重に考えて、大事に食べたいと思います♪
[PR]
by mysuomi | 2013-10-24 20:25 | グルメ | Trackback | Comments(0)
ヘルシンキで眺めの一番いい職場
モイ!
マイスオミのラウラです。

天気のいい日は気分が上がりますし、職場からの眺めもいい気分転換になっています。

フィンランドのヘルシンキ新聞が、「ヘルシンキで眺めの一番いい職場」という題名の記事を同新聞のホームページに掲載していますが、うらやましいぐらいの景色ですので、皆様にシェアしたいと思います。

ヘルシンキ新聞のパノラマ写真

写真で赤いマークがついているボタンを押すと、全画面表示になります。360°のパノラマですので、ナビゲートボタンを押して、ヘルシンキの景色をどうぞお楽しみください。

a0071240_0262584.jpg


どのような職業か想像できますでしょうか。

実は、フィンランドの大統領官邸が現在改造中ですが、パノラマの素晴らしい景色を毎日眺めたいのなら、クレーン運転士の免許が必要です。職場(クレーン)へ登るのはかなりハードらしいですが、こんな眺めが待っていたら、モチベーションもかなり違うのではないかと思われます。
[PR]
by mysuomi | 2013-10-23 20:12 | ヘルシンキ | Trackback | Comments(0)
北欧コラボ
モイ!
マイスオミのラウラです。

日本で北欧のあらゆるもの、雑貨、洋服、デザインなどを最近、色々なところで目にしたり耳にしたりするがあります。何も目新しいことではないかもしれませんが、つい「北欧ブームまだまだ続いてるな」と言いたくなります。衰えるどころか、ますます勢いを増しているようにもさえ見えます。

ただ、よく考えれば、いわゆる「北欧スタイル」は、もうブームではなく、一つのスタイルとなっているかもしれません。

論より証拠。

ご存知の方も多いと存じますが、またまた北欧ファンに嬉しいコラボが出ています!

a0071240_013362.jpg


ユニクロ X 「10-gruppen」

北欧らしいカラフルで大柄なデザインで知られているスウェーデンのブランド「10-gruppen(ティオグルッペン)」

ストックホルムに行く度に10-gruppenの店も必ずチェックしますので、まさか日本でもそのデザインが手に入れられるなんて思ってなかったです。

パーカやTシャツやカバンなどが本日10月22日に発売されたようですが、一部はすでに売り切れになってしまいました!

そう言えば、「10-gruppen(ティオグルッペン)」と言いますが、「Tio(ティオ)」はスウェーデン語で数字の10で、「Gruppen(グルッペン)」はグループと言う意味です。1970年に10人のデザイナーが立ち上げたブランドなので、シンプルに「10-gruppen」という名前が付けられました。

しかし、「Ivana Helsinki」のコラボの次に「10-gruppen」も。

しかも、3度目の正直ではありませんが、もっといいものが期待できそうです。今年の冬はなんと、ユニクロと「Moomin(ムーミン)」のコラボも出るんだそうです!

次々と出てくる北欧コラボから目が離せませんね。
[PR]
by mysuomi | 2013-10-22 20:43 | デザイン | Trackback | Comments(2)
夏時間終了のお知らせ
【お知らせ】夏時間終了

まだ少し早いのですが、夏時間(サマータイム)が今週終了しますので、お知らせします。

10月26日(土)と27日(日)にかけて、時計の針を1時間元に戻します。
これでサマータイムが終わり冬時間に切り替わり、日本とフィンランドの時差も7時間になります(現在6時間)。

ご旅行を予定なさっている方、来週からどうぞお気をつけください。


【夏時間・冬時間について】

欧米諸国など、緯度が高く夏の日照時間が長く、冬の日照時間が短い地域では、夏時間(サマータイム)と冬時間(ウィンタータイム)が導入されています。

夏の間は、太陽の出ている時間帯を有効に利用する目的で始まった制度ですが、かなり賛否両論で、フィンランドでは、サマータイムを廃止する意見もあります。実際廃止した国もあります。

a0071240_13542040.jpg

冬のヘルシンキ(昨年)

a0071240_13552586.jpg

夏のヘルシンキ

メリットとその反論を少し説明すると、例えば次のような意見が出ています:

①節約できる

エコ・節約・省エネが注目されている現在、なかなか適切な制度に感じます。

夏の間、時刻を1時間早めることで、自然と昼間の明るいうちに働いて、夜は早く寝るようになる…とも言われますが、実際はどうでしょう。

フィンランドの夏は白夜で夜になってもなかなか暗くなりませんので、個人差はもちろんありますが、眠くならなかったり、遅くまで外で遊んだりなどすると、節約効果は果たしてあるのでしょうか。

②活動時間が増え、経済的な利益が得られる
③午後の日照時間が増え、余暇が楽しめる

2番と3番のメリットは、一瞬矛盾しているように見えます。というのも、活動時間が1時間増えると、残業も増えるのでは?と思ってしまいます。ただ、残業が増えない会社で働いている社員や学生には、プラス面があると考えられます。夜が長いので、家族と過ごせる時間が増え、フリータイムが楽しめるわけです。習い事やアウトドアに使う時間が増えたという声も聞かれます。

④交通事故や犯罪が減少する

調査で証明できない効果ですし、時間を間違って遅刻しそうになると、逆効果もあり得るかもしれません。


サマータイムの導入されている国フィンランドで生活していると、いつも議論されているのは「時差と健康」の関係です。

時間が変わることによって、体が変化に追いつけない人がいますが、その場合は時差ぼけのような不調が発生します。

また、伝統的な時計の針は手作業で戻したり進めたりしないといけませんので、それを忘れると大変なことになります。

そして、旅行会社の立場からは、万が一お客様がサマータイムでツアーに遅れたり、そしてそれよりも、1時間早く着いてしまい、ツアーが中止になったと思って帰ってしまったり…海外で感じる不安は、いつもの倍ぐらいです。

現在ご旅行中の方、ご旅行を予定なさっている方、来週からどうぞお気をつけください!
[PR]
by mysuomi | 2013-10-21 13:26 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
お馴染みのフィンランド・ブランド
モイ!
マイスオミのラウラです。

いつも「Moi(モイ)」と挨拶していますが、この間日本人友達に会った時に、「Moi moi!」と言われ、すぐに帰ろうとしました。私のその行動はもちろん冗談でした。しかし、「Moi」を二回繰り返して「Moi moi!」と言うと、分かれ際の挨拶になります。

友達がフィンランド語の挨拶を覚えてくれたのが、もちろんとっても嬉しかったので、ただ少しふざけて「じゃあ、帰るわね」と言ったのです。

さて、挨拶をさておき、この間面白い記事を見つけましたので、今日はその話をしたいと思っています。

「2013年度フィンランドの最も尊敬・信頼されているブランド」

毎年発表されているリストですが、対象になっているのは国内外の1043のブランドなのに、トップ10は2つを抜いて、すべてフィンランドのブランドばかりです。「フィンランド製」「フィンランド産」はやっぱり安心感を与えますね。

2013年のリストは下記の通りです:

1. Fazerin Sininen
(ファッゼル社のチョコレート「ファッツェリン・シ二ネン」;意味:ファッツェルのブルー)

a0071240_22233262.jpg


2. Fazer
(ファッツェル)

写真は様々なファッゼルの商品です。ファッツェッルはカフェやレストラン、学校や社員食堂も経営していますので、スーパーマーケットの商品には限りません。

まず、おすすめのタルト。スーパーマーケットで手に入れられますので、3時のおやつにどうぞ。

a0071240_22273884.jpg


ムーミンのグミと、フィンランドのロヴィオ(Rovio)社が開発した世界中大人気のスマホ向けゲーム「Angry Birds(アングリーバード)」のグミです。フィンランドの家族では、「お菓子は土曜日のみ」というルールが多いので、子供に土曜日のおやつに買う親が多いと思います。

a0071240_22362788.jpg


そして、ファッツェルカフェで注文率の高いラスベリーとカスタードのタルト。ものすごく美味しくて、お勧めです。

a0071240_22294197.jpg


3. Fiskars
(フィスカルス)

a0071240_22401891.jpg


4. Joutsenmerkki (ympäristömerkki)
(北欧の国において自然に優しい商品を意味する白鳥が描かれているロゴマーク)

a0071240_2342425.jpg


5. Hackman
(ハックマン;フィンランドを代表するキッチンウェアブランド)

ハックマンのテーブルウェアはほとんどどのフィンランドの家でも使われています。

a0071240_2322030.jpg


6. Hyvää Suomesta -merkki
(フィンランド産食品の白鳥が描かれているロゴマーク)

牛乳ですが、良く見ると白鳥のロゴが書いています。

牛乳パックのデザインがとっても可愛くて、サイズも2DLという旅行者にも嬉しいサイズです。

a0071240_2241559.jpg


7. Valio voi
(ヴァリオ社のバター)

バターではありませんが、ヴァリオは乳製品を作る昔からある会社で、こちらはヴァリオのヨーグルトです。フィンランドのベリー味、例えばラップランドのクラウドベリーなどがあって、濃厚で美味しいです。ところで、ヨーグルトの名前「Ihana(イハナ)」はフィンランド語で「可愛い」または「素敵」という意味です。

a0071240_22461066.jpg


8. Arabia
(アラビア社)

a0071240_22491071.jpg


アラビア・アウトレット限定のマグカップ。

a0071240_22492487.jpg


9. Iittala
(イーッタラ)

この間手に入れたイーッタラの入れ物と、いつも使っているマグカップ。Iittalaは普段「イッタラ」と書きますが、本来の発音は「イーッタラ」になります。

a0071240_22515997.jpg


a0071240_22521225.jpg


10. Lego
(デンマークのレゴ社)

こう見ると、日本人にお馴染みなブランドもとても多いです。国内で信頼されていて、人気のあるブランドは、国外でも気に入られて、お土産にとしても喜ばれるということでしょうか。
[PR]
by mysuomi | 2013-10-19 21:53 | 文化 | Trackback | Comments(2)
ヘルシンキの紅葉
皆さん、こんにちは!
マイスオミのヘンナです。

週末に向けて、そろそろ事務所を出ようと思っているところです。
せっかく晴れた秋の日なので、散歩でもしようかな… ^^

最近印象に残ったヘルシンキの秋の風景を皆さんとシェアしたいと思っています。

華やかな紅葉が終わりかけているところで、少しメランコリックな気分です。
日本の紅葉はまだかと思いますが、フィンランド風の紅葉はどうでしょうか?

ヒエタニエミ墓地(Hietaniemen hautausmaa)
a0071240_23212428.jpg

a0071240_23241685.jpg

そしてトーロ湾(Töölönlahti)
a0071240_23243763.jpg

a0071240_2325189.jpg


…ということで、hyvää viikonloppua!(良い週末を!)
[PR]
by mysuomi | 2013-10-18 23:27 | ヘルシンキ | Trackback | Comments(0)