フィンランド・デザイン
by mysuomi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
MY SUOMI INFO
マイスオミ株式会社
ヘルシンキを拠点に、
フィンランドのデザインや建 築・ライフスタイルに興味をお持ちの皆様へ日本語のガイドツアー、その他様々なサービスをご提供する会社です。
www.mysuomi.fi



カテゴリ
デザイン
建築
ライフスタイル
ヘルシンキ
文化
教育
グルメ
プロダクト
質問
北欧
イベント
MY SUOMI NEWS!
お知らせ
クリスマスカレンダー2013
トーベ100周年
役立つ情報
My Suomi Team
以前の記事
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
more...
最新のコメント
おはようございます。 ..
by キナコタケ at 04:32
突然のコメント失礼します..
by ふみ at 23:14
フィンランド語が世界で一..
by わし at 04:46
レフティだろ
by おれ at 04:40
突然すみません。 TB..
by ヒガシガワ at 19:15
moncler pas ..
by pirate bla at 06:47
Most http://..
by iaayidub at 13:25
Nach meiner ..
by eaglesEr at 02:38
They search ..
by human hair at 01:23
louboutin wo..
by christian at 20:26
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧
Nanny さん。
大きな喪失感がなかなか消えず、文章にするのに随分時間がかかってしまいました。

フィンランドを代表するガラスデザイナー、ナニー・スティル・マッキネイ(Nanny Still Mackinney)さんが今月7日に逝去されました。82歳でした。

↓は、5月14日のヘルシンギンサノマット紙に載った記事です。
a0071240_1757365.jpg

新聞に載っているお写真の右端はこちらの記事にも登場したFlindariシリーズ。

彼女の名前を私が一番初めに聞いたのはアクセリから。アクセリはこちらのコレクター達の間でも名前を知られるNanny Still作品のコレクターなのです。

アクセリの家でミーティングをした日のことです。
部屋に入って一瞬で、飾ってあるNanny Stillの作品に目を奪われました。ガラスケースの中で照明を受けて輝く作品は宝石のようで、「美しい」という言葉以外思い浮かばないほど。発光しているように見えました。

この出会い以降、興味を持って調べるとNanny Stillの人生自体にすごく魅力を感じるようになりました。

Nanny Stillが1949年に卒業したのはヘルシンキ芸術デザイン大学の前身であるTaideteollisen oppilaitos。卒業後のコンペをきっかけにリーヒマキガラス工場(Riihimäen Lasi)にてキャリアをスタートさせます。1950年代といえば、「フィンランドのガラス」が世界中で認められた時代。この中でも最も著名なデザイナーとしてNanny Stillが出るほど、彼女の実力が花開きます。

私が憧れるのは、ここから先の彼女の人生です。

キャリア10年の1958年、彼女はアメリカ人Georg McKinneyと結婚し、翌年ベルギーへ移住します。そこからの人生はベルギーを舞台に巡っていきます。移住したばかりの頃はガラス文化がそれほど育っていないベルギーでキャリアを積むことに苦労したという説もあります。フィンランドからベルギーまでは遠い、と感じていたという説もあります。

Nannyの功績を眺めれば明らかですが、彼女はその後ベルギーでも実力を認められ、ヨーロッパ各国のパートナーにデザインを提供しています。

今と全く価値観が違ったであろう時代に、女性としてこれほど強く生きられる所に尊敬と憧れを抱きます。彼女の作品を眺めていると、ガラスの輝きの中にこうしたしなやかな強さが滲み出ている気がするんですよね。


今回のニュースを知った後、Nanny Stillを見送る気持ちを込めて、勝手にNanny Stillディナーを開催しました。

ガラス好きな友達を呼んで「作品持ってきてよ。Nannyのグラスでお酒を飲もう!」と。

私は残念ながら彼女のガラス作品は持っていないのですが、愛用している彼女の作品がひとつあります。Iittalaから販売されているPanny。
(追記:Pannyは2007年末にて生産終了しています。訂正し、お詫びいたします。記事を掲載後、ご指摘をいただきました。ありがとうございました。)
a0071240_17592672.jpg

これでハンバーグやお野菜を焼くと、すごく綺麗に焼けるので重宝しています。

ということでディナーのメニューはハンバーガーに。
a0071240_18008.jpg


食後に気づくとNannyのグラスが見当たりません。

ヨシコ  「グラスは?」
友    「持ってくる途中で割れたらショックで死んでしまうから持って来なかった。」


・・・。笑。
なんだか分かる気がするので、責められませんでした。

Nanny Stillがこの世からいなくなってしまったと思うとやっぱり寂しい気持ちになります。でも、作品を心から大切にする友人の姿を見ると「彼女の作品は生き続けるのだな・・」と実感しました。私のPannyもこの先ずっと愛用する予定ですしね。
[PR]
by mysuomi | 2009-05-29 18:00 | デザイン | Trackback | Comments(0)
理想の暮らし。
先週末のことになりますが、ずっと行ってみたかった場所にやっと行くことができました。

それは歴史ある木造家屋が集まったエリア。
マイスオミのオフィスからも程近いこのエリアは、ヘルシンキに数ある木造家屋エリアの中でも特にこじんまりとした場所です。市内中心部ということもあり、普段は居住関係者以外入ることができません。オフィスに向かう途中、たまにここの塀の脇を歩きながら「中はどんな感じなのかな・・。」と気になっていたのです。


今回、一般の人も入ることができた理由は蚤の市。
それぞれの家屋から共同のお庭周辺にテーブルを出して開催する手作りの蚤の市が行われていました。

入ってすぐはこんな感じ。
a0071240_20531887.jpg


ちょっとお写真では見にくいかもしれませんが、テーブルの横にはひなたぼっこ兼店番中のおばさまが座っていたり。フレームには入っていませんが、蚤の市の脇でスコップ片手にお庭のお手入れ中のおばさまもいました。

ひなたぼっこ中のおばさまとおしゃべりしつつ奥に入っていくと、家屋にぐるっと囲まれるような形で共同のお庭&畑がありました。

a0071240_2053456.jpg

お花や緑が溢れていてなんとも素敵な感じ。かなり気に入ってしまいました。

だいたいこの辺りから妄想スイッチがオンに。笑。「ここに住めたらどんな毎日かな・・。」と。


肝心の蚤の市もとても面白かったです。
女の子が店番をしていたテーブルには絵本や玩具があったり。
子供服なんかを出していたテーブルの横にはスキー板にスティックに、自転車の後ろに付けて使う子供用シートがあったり。

a0071240_20541165.jpg

スティックが思いっきり竹だったのには驚きました。笑。素朴でかわいいですよね。

「これを使っていた子供達はもう大きくなったのかしら?」なんて思いながらウロウロしていると、ずっと大切にされている木造のかわいらしい家やそこで暮らす人達の歴史を垣間見た気がしてなんともいえない幸せな気持ちに・・。

この時すでに妄想が膨らみすぎて「住めたら・・」から「ここに住みたいな。」にシフト。笑。


店番をしている人と店を見てまわっている人の境界線も曖昧です。
あちこちで井戸端会議のようなおしゃべりが聞こえてきます。そこを縫うように走り回っていたこの子達が本当にかわいかったです。

a0071240_2054359.jpg


「旗買ってー!」
「フィンランドの旗買ってくださーい!」
「スウェーデンのもありますよー!」

旗をヒラヒラさせながらあっちこっちの大人(おしゃべり中)に宣伝していました。

宣伝された大人も、

「スウェーデンの旗をオレに買えって?何言ってんの!スウェーデンの旗なんて追放、追放!」

と冗談交じりに笑顔で返します。


ちなみに私のところにも来てくれた女の子達。

ヨシコ  「いくら?」
女の子 「フィンランドは7ユーロ!」
ヨシコ  「たかっ!高いでしょう、7ユーロって。笑。」
女の子 「あはは。」

結局旗が高級すぎて手が出ませんでしたが、笑、こんなやり取りも含めてやっぱり素敵な空間でした。

一通りウロウロして帰る頃には、「ここに住むわ!」と決意していた私。笑。
賃貸があるかどうか本気で探してみようと思います。笑。ほほ。
[PR]
by mysuomi | 2009-05-28 23:54 | ライフスタイル | Trackback | Comments(2)
お土産と夏休み。
先週末に旅に出ていたアクセリからマイスオミチームにお土産をいただきました。

コレ。
a0071240_18475411.jpg

ルバーブ&カスタード味のキャンディです。

アクセリは今朝持ってきてくれたのですが、その時点でハンナさんや他のメンバーは出社前。

「ボスや皆を待たずに開けるなんて失礼だから」という意味で、

「ありがとう!おいしそうだねえ。でも開けられないよー。」

と私。

するとアクセリが、一瞬驚いた顔をしながらもキャンディを手にさささっと私の所まで来て、

「ヨシコは本当に何も知らないんだねえ。いい?ここに点線が入ってるでしょ?ここをピリッて破ると、ビニールのカバーが取れる仕組みなの。そうすると蓋が開くでしょ?ね?」

と丁寧に説明してくれました。


・・・・。
いやあ、それくらいは知ってますけどね。笑。ほほ。
なんだか可笑しくて否定する力が抜けた私。小声で「いや、知ってるけど・・。」と呟くのが精一杯でした。笑。

キャンディ自体は、甘酸っぱくてすごーくおいしいかったです。こんなお土産が登場するなら毎週末旅に出てもらいたいくらいです。笑。

マイスオミチームは一人、また一人、と夏休みのタイミングを決めて、予定を立てている様子。
皆の計画を聞きながら、まるで自分も同じ夏を過ごすような気持ちになってしまいます。旅っていつもそうですけれど、いろいろ計画しているうちからすでに楽しいんですよね。


さて。今日のお写真は昨日撮ったものを。

a0071240_18493781.jpg

昨日は快晴。Tシャツにカーディガン一枚で過ごせるほど気持ちの良い陽気でした。

お花も綺麗!
これや、
a0071240_18495724.jpg


これや、
a0071240_18501459.jpg


これ。
a0071240_18504515.jpg



ちなみに。今日は曇り+雨です。涙。さっきは雷もドンドコ。
快晴の夏休みを思い浮かべて乗り切ります。
[PR]
by mysuomi | 2009-05-27 18:51 | ヘルシンキ | Trackback | Comments(2)
いいにおいの素は京都に。
こちらの記事、たった3ヶ月くらい前なのにお写真が冬全開ですね。
この日にご案内をさせていただいた「いいにおい」が、実は今京都に届いています。

「いいにおい」の正体はチョコレート。フィンランドの老舗チョコレートブランド、ファッツェル(Fazer)社のチョコレート工場の見学へとご案内をさせていただいたのです。

ご案内をさせていただいたのは北欧雑貨も扱っていらっしゃるショップAngersの皆様。買付けにいらっしゃる旅の一環として、毎回モノの裏側にある無形の文化も情報として日本へと届けていらっしゃいます。今回はFazer社のチョコレートにフォーカスされるとのことで、工場見学となったわけです。

Fazer社の工場見学は基本的に団体でしか受付がありません。マイスオミでご案内させていただく際には「そこをなんとか!」ということで1名様からご案内可能。今回もAngersの皆様と私というこじんまりとしたチームで広い工場を見てまわりました。

いい香りも、テクニカルな面での工場の姿も、出来上がってくるチョコレートの大群も、もちろん目が釘付けなわけですが、他にもいろいろありましたよ、面白いところが。

例えばFazer社の歴史を見ることのできる展示。
老舗だけにすごい歴史があるわけですが、昔のパッケージなんかはとにかくかわいいのですよ。「復刻してほしいですよねえ。」とお話しながらのご案内でした。

そしてチョコレート食べ放題!
これはもう夢の世界でした・・。笑。Fazer社から出ているベーシックな銘柄がずらーっと並ぶ棚の横で案内してくれた職員の方が「お好きなだけどうぞ。」と。Angersの皆様の優しいお言葉に甘えて私も食べました、チョコレート。笑。家で食べるより何倍もおいしく感じましたよ。


この工場見学の展示はアンジェ河原町店さんで開催中です。

北欧買付けイベント『Ska vi fika?
5月23日(土)より5月31日(日)まで
アンジェ河原町店にて
※河原町店の後、6月6日(土)より6月14日(日)には伊丹店・ラヴィサント梅田店にて開催だそうです。

私も、京都までお邪魔したいです。笑。

今日のお写真は、↑の食べ放題の時にかなり気に入ったFazer社の2009年新作チョコ。
a0071240_15333523.jpg

Karl Fazer Exclusive Pistace & Salt。
ピスタチオ&塩の味が効いていて完全に私の好きな味です。
他に同じシリーズからストロベリー&バジル、レモン&ブラックペッパーも出ています。
パッケージも程よい大きさなので、お茶の時間に一つでちょうど良い満足感。
かなりおすすめです。
[PR]
by mysuomi | 2009-05-26 15:33 | MY SUOMI NEWS! | Trackback | Comments(8)
緑×白。
皆様、おはようございます。

今日は月曜日、またマイスオミの新しい一週間が始まりました。
先週土曜日は珍しく雨、昨日は晴れ、今日はめでたく快晴!月曜日の「よーし!」という気持ちがますます盛り上がります。

タイトルは、ヘルシンキの緑と雲のことです。

「緑」は木々。
こちらの記事にコメントをいただいた中で、「木々の緑が爆発するように繁る」とこの時期のフィンランドの自然についてお言葉をいただきました。まさに今がその始まりなのです。

どこを歩いていても、溢れる緑に目を奪われます。花の色も本当に鮮やかで自然の力に驚きます。今週はこちらのブログでも緑のお写真が多くなりそうな予感です。

そして「白」は雲。
もくもくとした雲をポウタピルヴィ(poutapilvi)と呼びます。青い空にふわふわと広がるポウタピルヴィを見ると「夏だな・・。」と心から実感。幸せな気持ちになります。

昨日見たポウタピルヴィは建物の間からもくもくと顔を出していました。
a0071240_1544407.jpg


しばらく眺めているとなんだか際限なく育っていきそうです。これを建物のラインが見えない自然の中で見たら最高なんですよね。夏は自然の中に行きたくなります。

最後は今日の朝ごはんに食べたヨーグルト(jogurtti:そのまま「ヨグルッティ」と読みます。)を。
a0071240_15451435.jpg


カップはマリメッコ(marimekko)でマイヤ・イソラ(Maija Isola)氏によって生み出された1964年の作品Vihkiruusu。2008年にクリスティーナ・イソラ(Kristiina Isola)氏の手によって新たに作品が世に出されています。

「ヨーグルト+はちみつ+日光」で、お腹の中から元気が湧いてきそうです。
[PR]
by mysuomi | 2009-05-25 15:45 | プロダクト | Trackback | Comments(4)
弊社。
先日ハンナさんと「外国語の習得」について話をする機会がありました。そこで出てきたこの言葉。

kielipää

「キエリパー」に近い発音です。なんだか気になる発音です。音だけ聞くとなんだかかっちりした感じです。どんな感じかよく分かりませんね。笑。

kieliは「言語」という意味。pääは「頭」。言語の習得がはやい人のことを意味します。
他には言語の習得能力自体を指して、”huono kielipää” =「言語の覚えが悪い頭」(huonoは悪いという意味)のように使うこともあります。


その日はハンナさんが出会ったkielipääな人について話をしていたわけです。フィンランド出身ではない方だったようですが、フィンランド語があまりに上手なので話していると「フィンランドの人じゃない」ということをつい忘れてスラング満載の話し方をしてしまったのだとか・・。そのお相手は他にもたくさんの言葉を操る方だったそうで、ハンナさんはしきりに羨ましがっていました。

「ああいう人に出会うと、私って何なのって思っちゃうわ。ああいう頭が欲しい!」と・・。

「ふんふん・・。」と話を聞きながらも、私の心の中は「え~・・。それ言っちゃう?言っちゃうの?私に?」という気持ちでした。落。

なぜかというとハンナさん自身も私にとってはkielipääだからです。

たまに電話をしているハンナさんが知らない言葉で話していて驚くことがあります。たしかあれはデンマーク語かノルウェー語でした。(どっちかすら覚えていられない自分が情けないですが。笑。)スウェーデンと連絡を取り合う時はスウェーデン語。確か他にも何ヶ国語か話せると聞いたことがあります・・。

そういえば、アクセリとハンナさんがオフィス内で内緒話をする時もスウェーデン語なんですよね。分からない私は微かに敗北感。コソコソ勉強していつかそしらぬ顔で全部聞いてしまおうと計画している腹黒い私です。笑。


そんなkielipää。気づけば他にも居ました、マイスオミに。サミさんとヘンナです。
ヘンナと話しているとヘンナがフィンランド人ということを忘れます。結果ものすごく早口になってしまう私。「何?」と聞かれて初めてヘンナが外国語を話しているということに気づきます。笑。

サミさんも。この前、

「ヨシコさん。謙譲の形でウチの会社のことを言う時は何て言うんだっけ?「御社」は相手でしょ?」

と私に質問を。

「え?へ、弊社・・・、だよ。」

返事をしながら一瞬「面接とか行く気?引き抜き?え?」と焦ったのですが、サミさんは教育や医療関連の御視察ご案内も担当しているのでそのためにフォーマルな日本語の確認だったようです。

ほっ。笑。

よく考えればkielipääだらけのマイスオミ。なんだか肩身が狭いですが、笑、毎日こんな人達の姿を見ていればkielipääが単なる頭の造りの問題でないことも明確です。

サミさんのように、毎日勉強。やっぱり積み重ねが大切なのね・・、と背筋が伸びます。
「私も頑張ろう。」と素直に思えます。kielipää集団マイスオミ、笑、に感謝です。


今日のお写真はコレ。
スウェーデン語を始めて、少しでもスウェーデンのことを知りたいなと思っている時に手に取った一冊です。(勉強に挫折する前です・・。原書を手に取っていない時点ですでに弱気ですよね。苦笑。)

a0071240_19344798.jpg


1953年発表のAstrid Lindgren作 ”Mästerdetektiven Blomkvist”の日本語訳として昭和32年に岩浪書店から発行された『名探偵カッレくん』(尾崎義訳)。
日本語なので言葉の勉強には全然役立っていませんが、表紙がかわいい!そして、面白い!

まあ「いつかはこれを原書で読むぞ!」という姿勢が大切ですからね。笑。
[PR]
by mysuomi | 2009-05-22 19:35 | 文化 | Trackback | Comments(2)
ヘラトルスタイ。
昨日の記事に書き忘れましたのでここに書きますね。

今日はキリスト教の祝日、ヘラトルスタイ(Helatorstai:キリスト昇天の日)で街中がお休みです。マイスオミもお休みをいただいています。

メールやお電話にいただきましたお問い合わせには、明日以降はりきってお返事をさしあげます。

曇りですが、穏やかなお休み。
午後もゆっくり過ごします。

今日のお写真はホットケーキ。

a0071240_17594619.jpg


もちろん本文と何の関係もありません。おいしかったので載せました。
お休みということでご勘弁を・・。笑。
[PR]
by mysuomi | 2009-05-21 18:00 | 文化 | Trackback | Comments(0)
モノに宿る時間。
先日、蚤の市でハンナさんにばったり会いました。

私はいつものプラプラ。ハンナさんはどうもそうではない様子で、なんだ片隅のワゴンの辺りでほりほりしていました。

「ハンナさん!こんにちは。びっくり!ワゴンに何かありました?」

「あら、ヨシコ!見て見て!コレ。マイヤ・イソラ(Maija Isola)よ。これはフジオ・イシモト(Fujiwo Ishimoto)!素敵ねえ。綺麗だわー。」


驚きました。
私の目にはただの端切れにしか見えていなかったファブリックの正体はマリメッコ(Marimekko)のヴィンテージファブリック。どれも70年代のものでした。嗅覚というのか、なんのなのか、これを探し当てるハンナさんをまたもや尊敬。


しばらく一緒にほりほりしながらいろいろ話を聞きました。楽しい話を聞きながら、綺麗なファブリックについて勉強しながら、時間は流れていたのですが、それが止まった瞬間がありました。

赤いレトロな花柄のブランケットを広げた時のハンナさんの表情と言葉。

「うわー!コレよコレ!素敵ねえ。まさに60年代っていう感じ。私は当時こういう柄ばっかりに囲まれて生活していたのよ。皆こういう柄でお部屋をデコレーションしていたの。想像できる?懐かしいわねえ。今でもお部屋のアクセントに良いわね。」

私が見たことのないハンナさんの顔。本当に懐かしそうな、柔らかい表情でした。

時間が止まったのは、ハンナさんの表情に感動したからだけではありません。私には絶対に手に入れることのできない、「時間」の存在に気づいたからです。

お金を払えばあのブランケットを入手することはもちろんできました、私にも。
そうすれば私にも60年代に流れていた時間を想像しながら楽しむことはできたと思います。
でも、絶対にできない。60年代を生きることはもう絶対にできない。
これに気づいてしまったのですね。それで時間が止まったのです、私の中で。

モノを買うことはそこに宿る時間を買うことだと、今更ながら実感しました。
もう絶対に手に入らない時間を含めて、目の前にあるモノをお金と交換するわけですね。

過去の話だけでなく、新品を買うときにも未来に繋がる時間を含めて買っているということになります。もっと言ってしまえば、モノを買った瞬間にそのプロダクトに宿る時間を継続させていく責任を負うのだと私は考えます。

そう考えて自分の部屋など見渡すと「なんという量の責任を背負って私は生きているのか」と途方に暮れてしまいます。笑。様々な時間を経て私のところにやってきたモノ、一つ一つを大切にしたくなります。

蚤の市と、ハンナさんの言葉から大切なことに気づくことができました。


ハンナさんのファブリックへの愛情がたくさん詰まったコラムが更新されています。いつも通りSCOPEさんのウェブページより、『ハンナの小さなお話』です。是非ご覧くださいね。


さて。
今日のお写真は↑の後日、蚤の市で巡りあったワンピースです。

a0071240_1825013.jpg


マリメッコ(Marimekko)のヴィンテージ。タグによると1975年に作られたものです。
見つけた時には破れている箇所がちょっとあり、かなり丈が長めでした。破れていたところは直して、私の好みに合わせて丈を短くしました。

「34年間、どこかの誰かが着ていたんだな。」と思うと、その人に感謝する気持ちと、これから大切に着ていきたいという愛着がぐんぐんと湧いてきます。まさに時間にお金を払った感覚です。

モスグリーンの縦縞柄に、襟はオレンジのパイピング。この襟がまたかわいいんですよね。
a0071240_1832023.jpg

どことなく和装のような佇まい(と私が勝手に思っているだけですが。笑。)も気に入っています。
[PR]
by mysuomi | 2009-05-20 18:03 | プロダクト | Trackback | Comments(2)
桜。
皆様。
ついにヘルシンキでも桜が開花しましたよー!

先週末に友達からメッセージが。
「桜が咲いてるよー!」とのお知らせでした。

桜が植えられているのはヘルシンキ市郊外の広大な公園です。メッセージを貰った後、早速花見をしに行ってみました。お昼ごはんを食べている時にメッセージを貰ったので、慌てて用意したのはコーヒー。途中でアイスクリームとビスケットを買って準備万端!

食べ物の話よりも桜でした、桜。
まだ五分咲きにも満たないほどですが、確かに桜の花があちこちに。

もちろん写真もパチリ。
a0071240_17152643.jpg

奥に白樺が見えます。まさにフィンランドの桜!という感じでお気に入りの一枚です。

ブランケットを広げて、桜の木の下でコーヒーを。
しばらく本を読んで、満喫しましたよ。桜。

なんとも言えない薄いピンク色。本当に綺麗ですね。
近くに寄ってもう一枚。
a0071240_17155224.jpg


あまりに綺麗なので、もう少し花が増える頃を見計らって今度はきちんとお弁当(とお酒、笑)を持ってお花見に行く予定です。

楽しみ楽しみ・・。

今日は曇り空で少し肌寒いヘルシンキ。
写真を見ながら縮こまりがちな体と心に喝です。笑。
[PR]
by mysuomi | 2009-05-19 17:16 | ヘルシンキ | Trackback | Comments(2)
やっとこさ。
この週末も快晴、今日も快晴のヘルシンキです。

快晴だと気分も盛り上がるので、先延ばしにしているあれこれを「えいやっ」と片付ける元気が湧いてきます。この週末、私の「えいやっ」の課題は窓掃除でした。もう漢字からして厄介なムードが漂います。笑。窓掃除。

明るくなってくると、窓の埃や雨の跡がくっきり見えてしまうんですよね。

「あー。掃除しないと、しないと、しないとなあ・・・。よし、明日頑張ろう!」

と先延ばしにしていましたが、そろそろ見逃せないほどの埃がくっきり見えてきてしまったのでこの週末に頑張って掃除しました。


ウチはまだ普通サイズの窓が数枚なのでこんな感じで済んでいますが、大きな家はさぞ大変だろうと思っていたら・・。いました、そばに。ハンナさんです。

「昨日、南に向いているリビングの窓を全部掃除したのよ。もう、腰が痛くて痛くて・・。庭の埃が凄くて、掃除の前と後じゃ全然光の量が違うの。綺麗になると気持ち良いけどねえ。」

(ハンナさんは私のように先延ばしにするはずもなく、このセリフも数週間前に聞いたものです。)

ハンナさんの家のリビングには大きな窓がたくさん並んで、部屋の一面が全部窓と言ってしまっても良いくらい。あれを全部掃除したのか・・、と思うとまずはその気力に平伏したくなります。笑。

ウチも掃除を終えた後は信じられないくらい明るくなって、気持ちよく残りの週末を過ごすことができました。窓のお写真は味気ないので、掃除を頑張ったご褒美に飲んだモヒートのお写真を。

a0071240_1831164.jpg


ライムに反射する光が嬉しい限り。夏の香りがぽわーん、です。

モヒート=「暑い所で飲む飲み物」というイメージがあるので、これを飲むと「そろそろヘルシンキも夏だわねえ。」と感じることができます。暑いと言っても真夏で20℃前半くらいまでしか上がらないのですが・・。まあ、思い込みが大切です。笑。
[PR]
by mysuomi | 2009-05-18 18:03 | ライフスタイル | Trackback | Comments(2)