フィンランド・デザイン
by mysuomi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
MY SUOMI INFO
マイスオミ株式会社
ヘルシンキを拠点に、
フィンランドのデザインや建 築・ライフスタイルに興味をお持ちの皆様へ日本語のガイドツアー、その他様々なサービスをご提供する会社です。
www.mysuomi.fi



カテゴリ
デザイン
建築
ライフスタイル
ヘルシンキ
文化
教育
グルメ
プロダクト
質問
北欧
イベント
MY SUOMI NEWS!
お知らせ
クリスマスカレンダー2013
トーベ100周年
役立つ情報
My Suomi Team
以前の記事
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
more...
最新のコメント
おはようございます。 ..
by キナコタケ at 04:32
突然のコメント失礼します..
by ふみ at 23:14
フィンランド語が世界で一..
by わし at 04:46
レフティだろ
by おれ at 04:40
突然すみません。 TB..
by ヒガシガワ at 19:15
moncler pas ..
by pirate bla at 06:47
Most http://..
by iaayidub at 13:25
Nach meiner ..
by eaglesEr at 02:38
They search ..
by human hair at 01:23
louboutin wo..
by christian at 20:26
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
mさん。前半。
今日は、質問ウィークでいただいたご質問へのお返事を書きます。


『日本では大学生の就職活動(リクルートスーツ着て会社説明会などが大規模に開催されたり・・)があるが、フィンランドでは大学生はどのように就職活動をするのか。』


というご質問でした。

旅について、食について、デザインについてなどはこちらのブログでもご紹介する機会がありますが、↑のような就職事情についてはあまりご紹介する機会がなかったですね。ご質問をいただいて初めて気がつきました。良い機会ですので、私自身もじっくり考えてみました。

私自身が日本とフィンランド両方の就職活動を体験しているからこそ言えることですが、就職事情は両国で大きく異なると感じています。実はこれは「就職」と切り取ってお話できるものでもなく、両国の教育システムや家族の在り方の違いも大きく影響しているのですが、そこまで掘り下げてお話すると書き終わらなくなりますので、笑、今日は「就職」にフォーカスしますね。

フィンランドの就職活動を一言で言うと、「『就職活動』と呼ばれる形式が存在しない。」ということになります。

リクルートスーツも会社説明会もありません。より大きな枠で言うと、「入社時期」「就職活動開始時期」というのものが決まっていません。これには大学をはじめとした教育機関の在り方も関係しています。大学に限って言えば、卒業の時期は人それぞれです。よって就職活動も入社も、個人それぞれのタイミングでということになります。

↑のことは、私自身の感覚で言えば受け入れやすかったように思います。「そうかー。」という感じでした。「これだけ人口の少ない国ならば、それでも大丈夫なのね。」と納得した感じでした。



ただ。
「ええ!?」となったこともあります。

それは「大学在学中から正社員として働くことができる」ということでした。
そもそもフィンランドの大学は修士号まで取得することが基本なので、正社員として働いている人もだいたいは学士を修了している人達です。そういう意味では日本で学士を取得して就職するのとなんら変わらないようにも思えます。でもやっぱり「学生」でありながら「社員」というところに違和感を感じた時期が私にはありました。

この違和感を追求しながら自分自身も流れに乗ってみて分かったことがあります。

それは「学ぶこと」と「働くこと」の直結です。フィンランドでは「学問」と「職業」の間の繋がりが日本に比べて強いと感じます。学んでいる理論的な内容の実践、応用として職業を捉えた時、それらを同時に行うことに大きな矛盾は生じません。結果として在学中から入社する、ということになるわけですね。

もちろん考え方の面だけでなく「16時に仕事を終える」という労働習慣も、実際的な意味で学問の継続を助けてくれます。



ここまで読んでいただいた皆様の頭には「じゃあ、どうやって就職口を見つけるの?」という疑問が浮かぶかもしれません。これはまた話すと長くなりますので、苦笑、明日続きを書くことにしますね。


「就職に関連するお写真を・・。」と思いましたが案の定一枚も見つかりませんでした。
ということで、全然関係ないですが最近の幸福な瞬間を皆様にお届けします。

a0071240_19435371.jpg


私の幸せ。ムンッキ(munkki:ドーナツ)と日光です。笑。
こちらの記事でdonitsiとmunkkiの違いについて力説しましたが、笑、今回はムンッキです。)

日曜日の朝、知人と待ち合わせをしたカフェへ。
このムンッキと紅茶をお供に待ち合わせの時間までぼーっとしていたのですが、日光がお砂糖に反射してものすごく綺麗だったんです。キラキラ輝くムンッキにテンションがぐんぐん上がった私。「待ち合わせをした知人がやってくる」というドキドキ感も手伝って、日曜の朝からものすごい幸福感に包まれました。

1個2ユーロのムンッキであんなに幸福になれるなんて、私、安上がりで助かります。笑。
[PR]
by mysuomi | 2009-04-23 19:43 | 質問 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://mysuomi.exblog.jp/tb/8206940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dot-heart at 2009-04-23 23:10
こんばんは、お久しぶりです。
フィンランドの就職って面白いですよね。日本人の感覚から言ったら「ええっ!?」って感じなんですけど。よくよく聞いたら「なるほど」って思えますし。
よく出来てるなって言うか、そうだよなって思う所もいっぱいありますね。
(以前調べた事があって面白いなって思ったんで)
そういえばツーリストインフォメーションって元の場所に戻ったんですね。
カフェと繋がったとか、また行ってみたいです。
Commented by megumi at 2009-04-24 12:19 x
知りたいけど、こういうことを教えてくれる本やサイトはあまりないので、とても興味深く読みました。“就職戦線”なんていう言葉をフィンランドの方が聞いたら、どう思うのでしょうね。
続きが楽しみです。
Commented by mysuomi at 2009-04-24 15:06
>伊東さん
こんにちは。お久しぶりですね。
コメントをありがとうございます!

就職も、他の様々なことと同じで日本との違いがたくさんありますよね。
その国それぞれに合った方法があると思うので「こっちの方が良い!」と簡単には判断できないですけれど、少なくともフィンランドの就職に関しては、伊東さんのおっしゃる通り「うまくできてるなー。」とその機能性の高さに気づかされるところがあります。

ツーリストンフォメーションはリニューアルオープンされました。
ツアーの集合場所としても、情報集めの場所としても前より利用し易くなっている感じがしますよ。
Commented by mysuomi at 2009-04-24 15:10
>megumiさん
こんにちは。
コメントをありがとうございます!

読んでいただいてありがとうございます。
確かにあまり情報はないのかもしれませんね・・。

「就職戦線」。
フィンランドの就職を日本の方に説明する時に「教育」や「家族」というファクターまでご説明したくなってしまうのと全く同じで、「どこから説明したらフィンランド人は分かってくれるかな・・。」と途方にくれてしまいます。苦笑。

次の記事も是非ご覧くださいね。
<< mさん。後半。 ヘヴォスキエヴァリ。つづき。 >>