フィンランド・デザイン
by mysuomi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
MY SUOMI INFO
マイスオミ株式会社
ヘルシンキを拠点に、
フィンランドのデザインや建 築・ライフスタイルに興味をお持ちの皆様へ日本語のガイドツアー、その他様々なサービスをご提供する会社です。
www.mysuomi.fi



カテゴリ
デザイン
建築
ライフスタイル
ヘルシンキ
文化
教育
グルメ
プロダクト
質問
北欧
イベント
MY SUOMI NEWS!
お知らせ
クリスマスカレンダー2013
トーベ100周年
役立つ情報
My Suomi Team
以前の記事
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
more...
最新のコメント
おはようございます。 ..
by キナコタケ at 04:32
突然のコメント失礼します..
by ふみ at 23:14
フィンランド語が世界で一..
by わし at 04:46
レフティだろ
by おれ at 04:40
突然すみません。 TB..
by ヒガシガワ at 19:15
moncler pas ..
by pirate bla at 06:47
Most http://..
by iaayidub at 13:25
Nach meiner ..
by eaglesEr at 02:38
They search ..
by human hair at 01:23
louboutin wo..
by christian at 20:26
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
フィンランドにおける高齢化
モイ!

マイスオミのラウラです。

フィンランドと日本は地理的には離れているものの、先進国に特徴的な社会問題の「高齢化」はフィンランドの発展課題でもあります。少子化はまだ日本程ではありませんが、それでも合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産むとされる子供の数)が2を下回る1.83(2011年)となっています。(日本1.41(2012年))

平均寿命が延びることは嬉しいことでもありますが、社会や国全体の取り組み、国際的取り組みが重要な課題でもあります。

特に国の経済的発展を考える上では避けて通れない問題の一つです。

フィンランドにおいては団塊の世代が一斉に定年退職を迎えるため、社会に大きな影響が予想されます。また高齢化の発展は2010年代からより顕著になると言われています。

国際信用格付け会社「ムーディーズ」が、フィンランドを最も信用力が高いと評価される「Aaa(トリプルA)」と格付けているが、高齢化が経済成長の大きな歯止めになるとの予測も発表しています。

一般に、少子高齢化が進む経済では縮小が見込まれます。高齢人口の増加で医療費など社会的費用が大きくなるのに対し、生産可能人口の減少に伴う家計貯蓄率の下落が経済成長を鈍化させ、経済成長率を弱体化するという分析です。

フィンランドの年金基金は多国に比較してまだ安定している方なので、高齢化の負担は多くの先進国に比べて対処しやすいとされています。しかし、人口ピラミッドは日本とよく似ており、経済の長期の成長見通しはあまり明るくないと考える専門家がいます。

高齢化率を比較すると、4人に1人が65歳以上という国は現在、日本、イタリア、ドイツの3カ国で、フィンランドは13位となっております。

では、フィンランドでこれから取らなければいけない対策と言えば。

対策として以前から挙げられているのは、就業率上昇、移民の受け入れ、生産性上昇です。

日本における議論を見ると、フィンランドとの共通点に気付きます。女性・高齢者の就職率の上昇、生産性の上昇、移民労働者の受入れは日本人女性の就職率上昇を抜いて、フィンランドでも提案されている解決策です。

共通課題を考える際は、多国との比較や国際交流、有効な対策の交換が有利でしょう。

フィンランドにおける高齢化社会の状況や対策についてより詳しく知りたい方には弊社の視察手配がお勧めです。視察先は例えば、老人ホーム、社会保険庁、病院、小中高等学校ですが、ご希望によりこれ以外の視察ももちろん手配いたします。

ご興味のある方は、「視察希望」と件名に明記し、「info@mysuomi.fi」までメールにてご連絡をお願いいたします。お問い合わせはご予約とはなりませんので、ご安心ください。

a0071240_237388.jpg

(写真の説明文:祖父母4人はまだとても元気ですが、最近は別荘の修理や家事などを手伝いに行く回数が以前より多くなりました)
[PR]
by mysuomi | 2014-08-11 19:41 | 文化 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://mysuomi.exblog.jp/tb/20085834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chiemi at 2014-08-14 23:43 x
こんにちは。先週までフィンランドに行っておりました。今回カレリアに行ったのですが、あの人口が少ない町に、イスラム系の服を纏った方たちが何人も歩いていたので聞けば、数年前にソマリア難民を政府が受け入れたとのこと。やはり上記のような政策をとるということなのでしょうか? フィンランドも高齢化問題をかかえているのですね。
Commented by mysuomi at 2014-08-15 21:02
chiemi様: コメントをありがとうございました。
フィンランドに住んでいる移民はまだスウェーデンの1/5程度に留まり少ないですが、だからこそもっと受け入れるべきだ、という意見もあります。
Commented by chiemi at 2014-08-16 21:32 x
なるほど、スウェーデンも急激に増えたと聞きましたが、フィンランドもこれからなのですね。日本では、あまり話題にあがらない気もしますが、介護などの労働力として取り上げられていますが、身近にそれを感じないのは東京があまりに人口が多いからでしょうか。
Commented by mysuomi at 2014-08-18 09:17
chiemi様:コメントをありがとうございました。
外国人の受け入れはどの国でもかなりデリケートな話題ですね。専門家がいくら「日本の将来に有利だよ」「フィンランドの将来にいいよ」と言っても、一般の人の意見や恐怖はそれ程簡単には変えられず、まさに日本とフィンランドの共通課題ですね。
Commented by matkuri at 2014-10-12 06:36 x
Moi!
ラウラさんの記事、毎回楽しみに読ませていただいています。
移民の受け入れ、難しい問題ですね。最近雑誌の記事でも読んでコメントしております。
フィンランドでは、現在具体的にどんな移民労働者の受け入れをしていますか?また、どんな需要があるのでしょうか。
デンマークは、デンマーク人と結婚しても移住許可が難航したという話をきいたことがあります。

Commented by mysuomi at 2014-10-13 01:26
matkuri様:初めまして。マイスオミブログをお読みいただき、ありがとうございます。
フィンランド経済は現在様々な課題に直面しており、今朝のヘルシンキ新聞でも、やはり勤続年数の長期化や移民労働者のさらなる受け入れが挙げられていました。

業界によっては移民労働者なしには人手不足に陥る業界があって、例えば清掃業、飲食業、建設業です。エストニアの平均給料はフィンランドの1/4なので、エストニア人労働者が多いです。言葉が似ていて、フェリーで2時間弱で行けますので、平日はフィンランド、週末はエストニアという人も少なくないです。介護に関しては、フィリピン人を受け入れることがあります。

繁忙期にごく短期間働く労働者の場合は、建設、農業、金属加工などが一般的ですが、、ベリー摘みのためにフィンランドに来る季節労働者もたくさんいます。

私が聞いた話では、日本人がフィンランド人と結婚したら配偶者ビザは取得できますが、そのビザは就業ビザとは違いますので、仕事は基本的に禁じられているとか。彼女は結局フィンランドの大学に入って、学生ビザでフィンランドに移住してきました。
<< [8月14日] 一週間の天気 トーベの島の冒険記! >>