フィンランド・デザイン
by mysuomi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
MY SUOMI INFO
マイスオミ株式会社
ヘルシンキを拠点に、
フィンランドのデザインや建 築・ライフスタイルに興味をお持ちの皆様へ日本語のガイドツアー、その他様々なサービスをご提供する会社です。
www.mysuomi.fi



カテゴリ
デザイン
建築
ライフスタイル
ヘルシンキ
文化
教育
グルメ
プロダクト
質問
北欧
イベント
MY SUOMI NEWS!
お知らせ
クリスマスカレンダー2013
トーベ100周年
役立つ情報
My Suomi Team
以前の記事
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
more...
最新のコメント
おはようございます。 ..
by キナコタケ at 04:32
突然のコメント失礼します..
by ふみ at 23:14
フィンランド語が世界で一..
by わし at 04:46
レフティだろ
by おれ at 04:40
突然すみません。 TB..
by ヒガシガワ at 19:15
moncler pas ..
by pirate bla at 06:47
Most http://..
by iaayidub at 13:25
Nach meiner ..
by eaglesEr at 02:38
They search ..
by human hair at 01:23
louboutin wo..
by christian at 20:26
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
【第3話】フィンランドの不思議
モイ!

マイスオミのラウラです。

私は3度日本に留学し、現在も日本にいるわけですが、フィンランドと日本の色々な相違点や共通点を興味深く観察したり、特に初めて来日した時は、「やっぱり違うんだね」と思うことがしばしばでした。

逆にフィンランドに帰省すると、「やっぱり日本と違うんだね」と思うことがいっぱいあります。

今までは「フィンランドの不思議」と題して、フィンランドの不思議でちょっと変わった習慣やフィンランド人と日本人に共通的な考え方について書いてきました。ご興味のある方は是非ご覧下さい。

【第1話】フィンランドの不思議

今日はシリーズの続きとして、いくつかの気付いた点について書きたいと思っています。

①自動販売機は日本より少ない

日本は森に入っていても自動販売機に出会うことがある程、自動販売機はどこにでもおいてあります。あまりにも多く、ないほうが珍しいので、沖縄の離島に行った時は「自動販売機ないから事前に買っておいてください」とホテルのスタッフの方にアドバイスされました。

フィンランドも自動販売機はあります。特にヘルシンキの地下鉄やその他の公共交通機関、会社や学校においていることが多いです。

しかし種類は大体、コーヒー、ソフトドリンク、スナック類で、日本のように傘、乾電池、バナナ(渋谷)、納豆!(下北沢)という想像以上に種類が多いというわけではありません。

一つだけフィンランドの自動販売機のもので日本にもあったらいいなというのは、ハリボーのグミの自動販売機です。飲み会の後とか結構利用していました...ただ、日本は何でもあることで知られていますので、私はきっとまだその自動販売機に出会っていないだけでしょう。

あともう一つ感動したフィンランドの自動販売機はヨエンスー市の美術館にある自動販売機ですが、何が入っているかと言いますと、手芸品!しかも子供たちの手作りのもの。もちろん一個一個オリジナルで、素晴らしいアイデアだなと思いました。

a0071240_18154820.jpg

そう言えば、フィンランドの自動販売機は紙幣は使えず、ユーロのコインかもしくは携帯で注文する仕組みになっています。私はいつも携帯で払っていましたので、月末の請求書があまり可愛くない時もありました...

②ATMは24時間

フィンランドには基本的に一種の全国共通の「Otto」というATMしかありません。最近はそれ以外のATMももう一種出てきましたが、「Otto」のオレンジ色のATMは圧倒的に多いです。

こちらは24時間利用可能で、手数料はフィンランドで発効されたカードの場合、時間を問わずいつでも0ユーロ。海外発効のカードはカード会社ごとに手数料が異なります。

日本は手数料のかかるATMが多く、遅くても9時ぐらいまでしか営業していないATMも多いので、正直言って少し不便に感じることがあります。

というのは、フィンランドでは現金ではなく、通常カードが使われていますので、日本にいる時はついお金を下ろすのを忘れてしまい、手数料の高い24時間営業のATMを利用せざるを得ないことになってしまいます。この失敗が何度繰り返されてもなかなか学びませんので、文句を言える立場ではありませんが。


③どこでもとても静か

フィンランドから日本に到着すると、エレベーターやエスカレーターの音、店員さんの「いらっしゃいませ」に気づくし、普通のスーパーに行ってもセールに行ってもとにかく音が多いです。

フィンランドのスーパーは、子供が迷子になっている場合以外にアナウンスはなく、エレベーター、バス...音はほとんど出ないです。

電車はアナウンスはありますが、バスはアナウンスは流れていませんので、観光客は困るなと思いながらいつも乗っています。しかし、フィンランド人は静かに通勤・通学したがりますので、アナウンスが導入されたら反論が出そうです。

フィンランド人も日本人も騒音に敏感だという気がしますので、公共の場所での音のボリュームはこれだけ違うのはかなり興味深いです。

a0071240_18483327.jpg
ローカルなスーパーの有機野菜コーナー。ここもとても静かでした。


米がたくさん食べられている

パンやじゃが芋が多いというイメージがあるかと思います。しかし、パンは主食ではなく、朝ごはんに食べることが多く、じゃが芋の消費量も最近減ってきている気がします。そして意外かもしれませんが、お米を食べる習慣の歴史が長いです。

例えば、以下の写真のカレリアーパイです。皮はライ麦で作られており、中にはお米と牛乳で作られているお粥のようなものが入っています。本当に定番の定番で、通常フィンランドの代表的なものがおいてあるホテルの朝食ビュッフェにも必ずあると言ってもいいぐらいよく食べられているフィンランド料理です。

a0071240_19540402.jpg
しかしご存知のようにフィンランドの気候は寒く、お米の栽培に適していません。従って、お米は輸入米のみで、昔のフィンランド人は麦やじゃが芋が一般的な食でした。お米が手に入るようになる前までのカレリアパイも、中身が麦で作ったオートミールやマッシュポテトだったようです。マッシュポテト入りのカレリアパイは現在でもスーパーやパン屋さんで売っていて、「Perunapiirakka」(ぺルナピーラッカ)と言います。

現在は例えばサーモンのオーブン焼にお米やサラダなど、白いご飯を食べることが増えている気がします。フィンランド人は海外のものをおしゃれだと思って、じゃが芋の代わりにパスタやお米を食べたり、新しい習慣や味を取り入れることが好きだということが影響していると思います。

日本人も海外の文化を模倣して、日本なりに改良することが上手ですが、これも一つの共通点ではないでしょうか。


⑤ペットボトル、カン、びんをスーパーへ戻すとお金がもらえる

大きさによりますが、小さなびんなら15セント、小さなペットボトルなら20セント、大きなペットボトルなら40セントと、スーパーに飲料容器を返却するとお金がもらえます。

a0071240_19521361.jpg

こうした機械がスーパーに設置されていますが、穴からボトルを通して、ボタンを押して、印刷されるレシートをレジに持っていくとお金が戻ってきます。

宅飲みやパーティーの後にボトルを返すと、その日の食材が買えるぐらいのお金を稼ぐこともあります。

ちょっとした異文化体験にもなりますので、フィンランド旅行中にスーパーに寄る際には是非試してみてください!




少し長くなりましたが、最後まで付き合ってくださって、ありがとうございました。Kiitos!(キートス)

[PR]
by mysuomi | 2014-07-25 17:45 | 文化 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://mysuomi.exblog.jp/tb/20033035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 問い合わせへの対応について at 2014-07-28 20:23 x
はじめまして、三井と申します。
どこでお問い合わせすべきか迷ったのですが、メールへ返信いただけないので、オープンな場でお尋ねさせていただきます。
早速ですが、1点ご質問させていただきます。
先般、タリン雑貨ツアーのお見積もりおよび高速艇のみの手配料金についてメールでお問い合わせをさせていただきました。
23日にお問い合わせのメールを送ってから5日ほど経過しますが、受信した旨等の返信が一切ありません。
つきましては、本ブログのコメント欄にメッセージを残させていただきます。
手配について受信をしているのか、受信している場合、見積もりに何日くらい要するのかご回答いただきたくお願い申し上げます。
Commented by chiemi at 2014-08-15 13:19 x
お米! いやいや本当に不思議ですよね。お米が至るとこ炉に使われていてびっくりです。タンペレ名物の血のマッカラにも米粒が入っていました。ピロシキにも入っていました。ヴァトルスカにも、ロールキャベツにも! 昔はこれらには米じゃなくて大麦だったのかな~。米の甘さとテクスチャーがフィンランド人は好きなのでしょうか? お米入りのアイスクリームがないのが不思議なくらいです。
Commented by mysuomi at 2014-08-15 21:18
chiemi様: いつもコメントをありがとうございました。
お米は輸入品で、昔の人にとって大麦より贅沢感があったのではないかと思います。お米が入る前はジャガ芋、大麦などが使われ、大衆がお米を食べ始めたのは100ー200年前ですね。

お米のアイスはないのですが、豆腐アイスはありますよ。あとお米には関係ありませんが、タール味のアイスクリームは
売っています!
Commented by chiemi at 2014-08-16 21:27 x
お返事ありがとうございます。そうですよね。ぜいたく品がいつの間に日常食に溶け込んで大麦やじゃがいもよりポピュラーになったんですね。
ところでタール(テルヴァ)味のアイス、私はそれを食べたくて行ったのに、昨年はあったペンギンアイスのスタンド、どこのスタンドからも消えていました~。スーパーにはまだあるのでしょうか? その代わりテルヴァのチョコレートは食べることができました。サルミアッキ味より好きかも(笑)。
Commented by mysuomi at 2014-08-18 09:10
chiemi様: いつもコメントをありがとうございます。
タール味のアイスは定番の味ではありませんので、扱っている屋台は確かに少ないです。以前は ポルヴォー(Porvoo)の川沿いの赤い家の近くで売っていました。
「サルミアッキ味より好きかも」 まったく同意見です。サルミアッキはフィンランド人でも食べられない人がいて、私もそのひとりです。ただ、個人的に黒蜜も同じ味がしますので、あんみつは黒蜜抜きで注文しています 笑
Commented by chiemi at 2014-08-29 10:10 x
黒蜜とサルミアッキが同じ味・・・という風に思われるのですね! なんとなくわかるような・・・。では黒蜜が大好きな日本人なら、サルミアッキも好きになるかもしれないですね。次回こそ、テルヴァのアイスを食べたいです。ありがとうございます。
Commented by mysuomi at 2014-08-29 17:44
chiemi様:いつもコメントをありがとうございます。

またフィンランドに行かれる際ご連絡いただければ、場所をお教えします!
<< スオメンリンナ海上要塞 [7月24日] 一週間の天気 >>