フィンランド・デザイン
by mysuomi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
MY SUOMI INFO
マイスオミ株式会社
ヘルシンキを拠点に、
フィンランドのデザインや建 築・ライフスタイルに興味をお持ちの皆様へ日本語のガイドツアー、その他様々なサービスをご提供する会社です。
www.mysuomi.fi



カテゴリ
デザイン
建築
ライフスタイル
ヘルシンキ
文化
教育
グルメ
プロダクト
質問
北欧
イベント
MY SUOMI NEWS!
お知らせ
クリスマスカレンダー2013
トーベ100周年
役立つ情報
My Suomi Team
以前の記事
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
more...
最新のコメント
おはようございます。 ..
by キナコタケ at 04:32
突然のコメント失礼します..
by ふみ at 23:14
フィンランド語が世界で一..
by わし at 04:46
レフティだろ
by おれ at 04:40
突然すみません。 TB..
by ヒガシガワ at 19:15
moncler pas ..
by pirate bla at 06:47
Most http://..
by iaayidub at 13:25
Nach meiner ..
by eaglesEr at 02:38
They search ..
by human hair at 01:23
louboutin wo..
by christian at 20:26
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
北欧旅行 オスロ編(4)
モイ!
マイスオミのラウラです。

前回は民族博物館の話をしましたが、実は同じビグドイ地区には、ヴァイキング船博物館やコンチキ号博物館など数多くの博物館が集中していて、人気の観光エリアとなっています。

オスロ中心部からはバスでもアクセスできますが、せっかくなので、フェリーをお勧めします。(※3月下旬から10月上旬まで運行)

a0071240_23233474.jpg


フェリーはオスロ市庁舎前から出発して、博物館前に約10分で着きます。フェリーの魅力はやはり景色です:オスロの湾を渡るフェリーからは赤レンガのオスロ市庁舎、ガラス張りのアストルップ・ファーンリ現代美術館、ノーベル平和センターなどが見渡すことができます。

a0071240_23244822.jpg


a0071240_23302045.jpg


私たちはフェリーを市内に戻る方向に利用しましたが、オスロ市庁舎の前から乗る場合は、停留所が2つあって、民族博物館とヴァイキング船博物館に近いのは、「ドロンニンゲン(Dronnningen)」と言います。もう一つは「ビグドイネス(Bygdøynes)」です。

港に着いたら、海岸沿いのテラス席で食事をしている人の楽しんでいる様子に誘われて、休憩することにしました。写真は残念ながらありませんが、涼しい風に吹かれながら外で食事ができるというのは、本当に幸せですね。

食事の後は、次の目的地という「国立美術館(Nasjonalgalleriet)」まで歩きました。

a0071240_23362264.jpg


国立美術館は、ノルウェーの代表的な芸術作品を展示されていますが、特にエドヴァルド・ムンクの「叫び」やムンクの部屋が有名です。本物の「叫び」が目の前に現れた瞬間は、きっと一生忘れられません。

そして、言うまでもありませんが、ムンクの部屋は撮影禁止でした。

a0071240_23584658.jpg


今まではピカソはあまり理解できなかったが、この一枚はかなり気に入りました。

美術館に関しては、私がいくらこのブログに自分の感想を書いても(そしてほぼ全館撮影禁止で掲載できる写真もほとんどなくて)、感じることは人それぞれです。オスロに行かれる際には、是非「国立美術館」へ行ってみてください。
[PR]
by mysuomi | 2013-10-08 07:18 | 北欧 | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : https://mysuomi.exblog.jp/tb/18746597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by reiko at 2013-10-09 15:58 x
こんにちわ、先月ヘルシンキ旅行前に質問投稿したreikoです。
無事本日10/9帰国し、楽しい北欧旅行が出来ました。
たずねたいことがあって、早速書いているのですが、ヘルシンキの街のあちらこちらに置いてあった鉢植えの花の名前が知りたくて。
濃いピンクのような赤紫のような色の小さな花が集まった、ラベンダーみたいに縦長の花茎が集まったもので、ブリキの缶に植えてあったり、
寄せ植えしてあったり、いろんなお店の前や、街の通りで見かけました。なんという花かわかりません。
唯一の情報?として、S-marketに売っていた値札には、
「HELSINGIN KUKKATOIMI KELLOKANERVA 16/19」
と書いてありました。
とても素敵な花だったので、日本でも買えればいいのに・・・。
Commented by reiko at 2013-10-09 15:58 x
(つづきです)
あと、ストックマンのデパ地下グルメも買ってみましたよ。
ちゃんと整理券をとって、好きなものをオーダーしました。
ヘルシンキの料理は、どれも美味しくて、味付けが濃すぎないので
とても口に合いました、それとコーヒーがとても美味しかったです。
ヘルシンキのあと、デンマークへ飛び、コペンハーゲンにも行きました。
こちらのコペンハーゲン旅行ブログを参考にさせて頂き、
ロイヤル・スムシ・カフェにも行って、スムシ全6種類オーダーして、
夫とシェアして食べました、美しくて美味しかったです!
しばらく、北欧旅行にハマりそうです!
Commented by mysuomi at 2013-10-09 21:41
reiko様:コメントをありがとうございました。
初めまして。マイスオミのラウラです。どうぞよろしくお願いいたします。

北欧旅行を楽しめたようで、何よりです!

フィンランドの秋に欠かせないラベンダーのようなお花と言えば、「Kanerva(カネルヴァ)」です。ピンク・紫色で、ドライフラワーのように固いです。一般的に「Kanerva」として知られていますが、厳密に言うと「Kellokanerva」です。日本語でギョリュウモドキ(御柳擬き)と呼ばれるようですが、間違っていたら申し訳ございません。
Commented by mysuomi at 2013-10-09 21:45
(つづき)
北欧旅行記が参考になって、本当にうれしいです!
フィンランド料理も日本料理も素材そのものの味を生かした料理が多いので、少し似ていますね。魚料理が多いという共通点もあるかと思います。
コペンハーゲンのスムシ以外に何か特に気に入られた料理はありましたか。
Commented by reiko at 2013-10-10 17:05 x
ラウラさん、コメントありがとうございます。
日本は季節はずれの暑さで、30度超えの場所も多く、
今日も関東は暑いです、、、北欧帰りにはキツイですね。

わからなかったお花の名前、教えて下さってありがとうございます。
街角でみかけたカネルヴァの写真は撮ってきたので、写真と名前を参考に、日本でも探してみたいと思います。

ヘルシンキで食べた料理で心に残ったのは、
ストックマンの地下で買った、ひき肉?をキャベツで四角に包んで焼き目をつけたもの、少し甘い味がしました。
ロールキャベツとも違う、でもとっても美味しくて、あの少し甘めの味がよかったです。日本での味付けでの甘い感じとは違っていました。
もう一度食べたいです。
Commented by reiko at 2013-10-10 17:05 x
(つづきです)
あと、S-marketのパン売り場のケースから買ったもので、パイみたいなもの、波波の固めのパイ生地みたいなカップの中に、しっとりしたジャガイモだかのコンソメ系のクリームが入ったパイみたいなもの。
あれがとっても美味しかったです。
甘いのかと思って食べたら、おかず味で美味しかったです。
いくつか種類があったので、きっと味が違うのでしょうね。
空港でも冷凍のパック入りを見かけました。

ランチにストックマンの上にあるFazerで食べた、オープンサンドイッチも美味しかったです!
サーモンが載ったものと、生ハムが載ったものを食べました。
このオープンサンドに使われていた黒いパン、食感もいいし、合いますね。
日本人は酸味のある黒パンはあまり好まれないと思うのですが、これは美味しかったです。
サーモンは本当に、どこで食べても美味しかったです。
Commented by reiko at 2013-10-10 17:10 x
(さらにつづき)
今回は、ヘルシンキでは1日半の滞在だったので、次回はもっといろんなレストランに行って食べてみたいし、周りきれなかったところへ行きたいです。
また、足を伸ばして、フィスカルスにも行ってみたいです。
私は洋裁をするので、ムーミンの洋裁用のはさみが欲しかったのですが、ヘルシンキで見つけることは出来ませんでした。
また、ヘルシンキから2時間で対岸のタリン(エストニア)にも行けると聞いたのですが、こちらの雑貨やセーターなどにもとても興味があるので、いつか足を伸ばして行ってみたいです。
今回は初めての北欧旅行でした、美しいところが沢山あるようなので、少しずつ制覇したいと思います!
Commented by mysuomi at 2013-10-11 15:54
reiko様:コメントをありがとうございました。

オープンサンドイッチ、私の大好物です!

ロールキャベツはフィンランドの伝統料理で、家庭や給食でも食べられていますが、シロップで味付けしますので、日本のとはかなり違いますね。

パンに関しては、おそらく「Karjalanpiirakka」(カリャランピーラッカ)ではなかったかと思います。薄いライ麦の生地の中に、牛乳とお米のオートミールのようなものが入っています。フィンランド人にとっては、おにぎりのような存在で、主に朝ごはんやスナックとして食べられています。
こちらのサイト(http://www.valio.fi/koekeittio/teemat/karjalanpiirakka-on-aito-perinneherkku/)でKarjalanpiirakkaの写真がご覧いただけますが、こちらのパンだったのでしょうか。

もしまたフィンランドに旅行されることがあったら、弊社はフィスカルス・ツアーやタリン雑貨ツアーなどを承っていますし、買い付けサポートも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせのメールはご予約にはなりませんので、ご安心ください。

もちろんブログへのコメントや質問も大歓迎です!
Commented by reiko at 2013-10-11 18:57 x
こんばんわ、コメント有難うございます。
ロールキャベツがフィンランドの伝統料理のひとつとは知りませんでした。あの甘味はシロップの甘味だったのですね!
砂糖ともちょっと違うし、なんだろうなぁと思っていました。
個人的にあの甘味はとっても好みの味でした。あぁ、また食べたいで
す!
「Karjalanpiirakka」の写真を見ました、これです、これです。
フィンランド人にはおにぎり的な存在、なるほど、そうなんですね。
お花の名前といい、いろいろ教えて下さって感謝します。
普通なら、このままわからないまま終わるところだったのに、こうしてわかることが出来て嬉しいです。
Commented by reiko at 2013-10-11 18:58 x
(つづき)
それにしてもフィンランド語は難しすぎてチンプンカンプンです。
デンマーク語はどこかドイツ語に似ているので、
予想がつく言葉もあったのですが、
フィンランド語はもう全然わからず、これには参りました^^;
次回はこちらのツァーに参加してみたいです、
やっぱりガイドがないと奥深く知ることはできませんから。。

余談ですが、北欧名物?のラクリスですが、Fazer社の出している棒状のものを食べました。
意外にも口に合って、結構美味しいなぁと思い、主人は翌日、また買いに行ったくらいです。なんだかクセになりますね。
それではこれからゆっくりとこちらのHPを全部読んでいきたいと思います。

Commented by mysuomi at 2013-10-12 12:13
reiko様:コメントをありがとうございました。
心温まるお言葉を励みになり、とても嬉しく思っています。

フィンランド語は、ドイツ語やフランス語とは異なり、エストニア語とハンガリー語に似ていたりします。ウムラウトもあり、少し分かりづらいかもしれませんが、発音は実はほとんどローマ字読みです。

「Lakritsi」、いいですね!私も常備しています^^それにしてもお口に合うなんて、珍しいですね。FazerもLaksitsiも地元の人に愛されていますので、かなり地元的なものに気に入られましたね。

これからもマイスオミ、そしてブログをどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by 投資の入門 at 2014-02-26 10:26 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Commented by 国&# at 2015-12-03 00:31 x
いずれかのコンテスト| の一部であることに参加する あなたがする必要がある 最大の サイト インターネット上で。 非常にお勧めお勧めします このブログ 私はするつもりだ、私はするつもりです!
国内即発 海外種類 http://translator-mhamdi.com
<< 北欧旅行 オスロ編(5) ラップランドの秋  >>