フィンランド・デザイン
by mysuomi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
MY SUOMI INFO
マイスオミ株式会社
ヘルシンキを拠点に、
フィンランドのデザインや建 築・ライフスタイルに興味をお持ちの皆様へ日本語のガイドツアー、その他様々なサービスをご提供する会社です。
www.mysuomi.fi



カテゴリ
デザイン
建築
ライフスタイル
ヘルシンキ
文化
教育
グルメ
プロダクト
質問
北欧
イベント
MY SUOMI NEWS!
お知らせ
クリスマスカレンダー2013
トーベ100周年
役立つ情報
My Suomi Team
以前の記事
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
more...
最新のコメント
おはようございます。 ..
by キナコタケ at 04:32
突然のコメント失礼します..
by ふみ at 23:14
フィンランド語が世界で一..
by わし at 04:46
レフティだろ
by おれ at 04:40
突然すみません。 TB..
by ヒガシガワ at 19:15
moncler pas ..
by pirate bla at 06:47
Most http://..
by iaayidub at 13:25
Nach meiner ..
by eaglesEr at 02:38
They search ..
by human hair at 01:23
louboutin wo..
by christian at 20:26
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
北欧語
モイ!
マイスオミのラウラです。

札幌の街を歩くと、フィンランド語やスウェーデン語など「北欧語」が見かけることが意外とあります。

日本人はその意味をどれ程把握しているかはわかりませんが、店の設立者があえて北欧っぽい名前にしたことの背景には、きっと何かの意義があったのでしょう。

下記の写真のフィンランド語は、このブログを読んでくださっている皆さんはご存じのではないかと思います。

a0071240_8512035.jpg



「Kiitos(キートス)」という雑貨屋ですが、お客様が来てくれると有難味を感じるということで「ありがとう」ですね。

次の言葉もフィンランド語です。

a0071240_8512469.jpg



「Olohuone(オロフオネ)」と書いていますが、直訳通りの「リビング」ではなく、「SM2」という洋服ブランドの店です。

リビングのようにアットホームだという狙いでしょうか。

SM2ブランドが何年か前から、店舗名にフィンランド語を使い始めたのですが、リビングの他にもあるようです。
「Keittiö(ケイッティオ)」 台所
「ehkä söpö(エフカ・ソポ)」   可愛いかもしれない
「otan tämän(オタン・タマン)」   これにします

「可愛いかもしれない」と「これにします」というのは確か吉祥寺かどこかにあります。

ところで、SM2のウェブサイトを確認したら、「ehkä söpö」の解釈として「かわいいを分け合う」というのがありましたが、これは残念ながら間違いですね。

そして、最後にデンマーク語。

a0071240_8511592.jpg



「カフェデンマルク」のスイーツ売り場の上に「små søde」が書いてあります。
(発音に自信がありませんが、デンマーク語に似ているスウェーデン語だったら「スモー・ソデ」となります...)

「小さくて甘い」「小さなかわいい」という意味です。

ボードのしたには小さくて甘いドーナツが並べてありますので、なかなかいいアイデアだなと思います。

皆さんもきっと色々な北欧語を見かけたことがあるかと思いますので、コメントをお待ちしています^^
[PR]
by mysuomi | 2013-06-29 18:51 | 北欧 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://mysuomi.exblog.jp/tb/18017302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by リッコ at 2013-06-30 11:24 x
一昔前はフランス語のブランド名や
店名が多かったように思います。

日本人からすると、『o』や『a』の上に
点々がついてるのが
かっこよく感じるのだと思います(笑)
kiitos以外はこの点々がついている単語を
選んでますよね。
『北欧風ですよ!』『お洒落ですよ!』という
アピールになるのだと思います。

そういえば、逆に、フィンランドのチョコのゲイシャチョコに
私はびっくりしました(笑)
Commented by mysuomi at 2013-06-30 18:53
リッコ様:コメントをありがとうございました!
なかなか面白い指摘ですね。ウムラウトつきの文字が格好良く見えるとは思ってもいなかったです。

「Geisha」という商品名は実はフィンランド国内でも賛否両論で、ある種偏見・ステレオタイプだと言っている人もいます。昔のラッピングにはゲイシャに見える女性も描いていましたが、それはさすがにもうなくなりました…

他にも面白い日本語を見かけることがあります。たとえばスーパーへ行くと、「カニカマ」が「Surimi(スリミ)」という名前で売っています(笑)
Commented by こうま at 2013-06-30 19:34 x
ラウラさん、モイッカ(●´∀`●)∩

京都にも「キートス」というお店がありますよ!
こちらはパン屋さんです♡とっても美味しい!!
フィンランドのパンがたっくさんあります。
ライ麦パン、プッラ、あ、カルヤランピーラッカも!!
機会があれば行ってみてください♪
Commented by mysuomi at 2013-07-01 07:53
こうま様:Moikka!コメントをありがとうございます!
「Karjananpiirakka」もあるなんて、すごいですね!京都がもう少し近ければすぐにでも行って買いたいのですが...

ところで、カルヤランピーラッカはそのまま食べますか?何かを塗ったりのせたりして食べますか?フィンランド人はよく卵バターというのを塗って、またはスモークサーモンをのせて食べていますよ。
Commented by こうま at 2013-07-01 21:49 x
ラウラさん、私はそのままで食べるのが一番好きです。あ、でも、卵バターのっけたのも大好きです。カルヤランピーラッカ(*´∀`*)スモークサーモンもいいですね♪

いつか自分でも作ってみたいです。なんだか餃子の作り方に似ている気がします・・・。
Commented by mysuomi at 2013-07-02 00:07
こうま様:コメントをありがとうございます!
カルヤランピーラッカは、再現させることは相当難しいと思われがちですが、実はそれほど難しくはないと思います。

レシピに書いてある分量にこだわらず、ライ麦粉と小麦粉を少しずつ足しながら練っていくといいと思います。Youtubeにはビデオも掲載されていますので、参考にするといいかもしれませんね^^
<< 異文化コミュニケーション フィンランド代表 >>