フィンランド・デザイン
by mysuomi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
MY SUOMI INFO
マイスオミ株式会社
ヘルシンキを拠点に、
フィンランドのデザインや建 築・ライフスタイルに興味をお持ちの皆様へ日本語のガイドツアー、その他様々なサービスをご提供する会社です。
www.mysuomi.fi



カテゴリ
デザイン
建築
ライフスタイル
ヘルシンキ
文化
教育
グルメ
プロダクト
質問
北欧
イベント
MY SUOMI NEWS!
お知らせ
クリスマスカレンダー2013
トーベ100周年
役立つ情報
My Suomi Team
以前の記事
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
more...
最新のコメント
おはようございます。 ..
by キナコタケ at 04:32
突然のコメント失礼します..
by ふみ at 23:14
フィンランド語が世界で一..
by わし at 04:46
レフティだろ
by おれ at 04:40
突然すみません。 TB..
by ヒガシガワ at 19:15
moncler pas ..
by pirate bla at 06:47
Most http://..
by iaayidub at 13:25
Nach meiner ..
by eaglesEr at 02:38
They search ..
by human hair at 01:23
louboutin wo..
by christian at 20:26
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
スウェーデンへの小さな旅 (前半)
モイ!
マイスオミのラウラです。

日曜日には北海道の当別町で開かれた夏至祭に行ってきました。

a0071240_21514540.jpg


楽しくて懐かしいこといっぱいの一日でした!

「スウェーデンヒルズ」という大自然が広がり、北欧スタイルの家が集まっている街で毎年開催される夏至祭が今年で30周年を迎えました。大したものですね。

日本からすると、北欧諸国の文化がなんとなく同じように見えて、実際にも似ているところがたくさんあります。
しかし、それでも相違点がかなり多いので、スウェーデン式夏至祭の日がフィンランド人の私にとって、新発見・初体験の多い一日となりました。

a0071240_2213768.jpg


開催地に到着したのが11時でしたが、中央広場が早めの昼食をおいしそうに食べている来客で賑わっていました。

ミートボール&マッシュポテトというスウェーデンの伝統料理や、ザリガニ・カレーのような創作料理があったり、北欧風パンや昔懐かしいルバーブジャムが売っていたり。

一番の人気メニューは「北欧プレート」でした。

a0071240_223221100.jpg


じゃがいものディル煮、ニシンの漬物、ハムやチーズのオープンサンドイッチという特別メニューで、「日本人が並ぶのが好きだな」と改めて思いました。

屋台の他にはちょっとしたガラス・マーケットがありましたが、こんなに可愛いフクロウを発見しました。

a0071240_2319475.jpg


そしてフクロウの形をした置物が販売されていることにはわけがありました。

a0071240_23205199.jpg


本物のフクロウがいました!

フクロウに癒される人が多いと思いますし、知恵の象徴ともされていますが、じろじろ見られてしまい、一瞬ちょっと怖いと思いました。動物に不慣れな人間で恥ずかしかったです...

屋台とマーケットを見た後には、店内へ入りました。スウェーデンの文化や観光を紹介するコーナーがあって、ダーラナホース(ダーラナ地方発祥の伝統工芸品)やガラス製品の売店もありました。

a0071240_223178.jpg


フィンランドこそガラスが有名だし、ダーラナホースもそんなに関心がありませんが、小さい頃父に読んでもらったスウェーデンの童話の葉書が展示されていて、「懐かしい!」と思いながら長時間見てしまいました。

a0071240_2256493.jpg


北欧の童話、「長くつ下のピッピ」、「ムーミン」、「アンデルセン」、「ニルスの不思議な旅」などが、世界中の人々から愛され続け、子供だけではなく、大人でも楽しめる話が多いです。

しかし、いつも不思議に思うのですが、なぜ「北欧」でこれだけ多くの童話が生まれたのか?大自然のおかげでしょうか?ゆとりのある生活でしょうか?知り合いに児童文学の研究者がいますが、今度聞いてみなければ。

葉書に夢中になって、かなりいい時間になりましたので、外に戻って、スウェーデンの夏至祭に欠かせない行事を見に行きました。

その行事については後日のブログに書く予定ですが、最後に一つの気づき。

a0071240_23424912.jpg


a0071240_23432529.jpg


a0071240_23465779.jpg


ご覧の通り来客のほとんどがきれいな野の花を摘んで編んだ飾りをかぶっていました。小さい頃はタンポポを摘み、花冠を作って遊んでいたなと思い出されました。

今日のブログは「懐かしい」という言葉がとても多い気がしますが、そのように感じることの多い日でした。どうにかお許しください。

(夏至祭レポートつづく)
[PR]
by mysuomi | 2013-06-24 20:35 | 北欧 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://mysuomi.exblog.jp/tb/17991061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chiemi at 2013-06-26 11:55 x
ラウラさん、こんにちは。
ラウラさんの記事のおかげで、わたしも一緒に小さな旅を楽しむことができました。そしてやはり似ているけれど違うこともたくさん、ということにハッとさせられます。日本と台湾や中国、韓国は、フィンランドから見れば似ていますか? という感覚と共通でしょうか? 
Commented by mysuomi at 2013-06-26 18:57
chiemi様:暖かいコメントをありがとうございました!

3回も日本に留学していますので、一般的なフィンランド人とは少し異なる考えを持っているのかもしれません^^

しかし、アジア人(※フィンランド人にとっては日本人もアジア人です)とあまり接していないフィンランド人でも文化の違いは分かると思います。ステレオタイプにはなってしまいますが例えば、日本人のイメージと中国人のイメージもかなり違うと思います。

ただし、顔を見ただけでは、何人なのかは見分けられないと思います。
<< スウェーデンへの小さな旅 (後半) 苺一絵…? >>