フィンランド・デザイン
by mysuomi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
MY SUOMI INFO
マイスオミ株式会社
ヘルシンキを拠点に、
フィンランドのデザインや建 築・ライフスタイルに興味をお持ちの皆様へ日本語のガイドツアー、その他様々なサービスをご提供する会社です。
www.mysuomi.fi



カテゴリ
デザイン
建築
ライフスタイル
ヘルシンキ
文化
教育
グルメ
プロダクト
質問
北欧
イベント
MY SUOMI NEWS!
お知らせ
クリスマスカレンダー2013
トーベ100周年
役立つ情報
My Suomi Team
以前の記事
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
more...
最新のコメント
おはようございます。 ..
by キナコタケ at 04:32
突然のコメント失礼します..
by ふみ at 23:14
フィンランド語が世界で一..
by わし at 04:46
レフティだろ
by おれ at 04:40
突然すみません。 TB..
by ヒガシガワ at 19:15
moncler pas ..
by pirate bla at 06:47
Most http://..
by iaayidub at 13:25
Nach meiner ..
by eaglesEr at 02:38
They search ..
by human hair at 01:23
louboutin wo..
by christian at 20:26
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
4年生の舞踏会。
皆様、こんにちは。
ハンナです。

今日12月3日は、ヘルシンキ市内の学校に通う約5000人の4年生の子供達にとって盛大なパーティーの日です。パーティーと言ってもお菓子を好きなだけ食べて賑やかにする普通のパーティーとは違います。正統な大人のパーティーです。

彼らが招待されたのはフィンランディアホール。ちょうど昨日ヨシコが書いていたこのホールですね。パーティーの名目はずぱり、「フィンランド共和国独立記念舞踏会」。


この舞踏会は毎年小学4年生を対象にヘルシンキ市が実施しているもので、低学年の子供達も「いつかは私も・・」と夢見る大人気のイベントです。特に女の子はきちんとメイクをしてイヴニングドレスを身につけられる、ということで相当な張り切りようです。

男の子はどうでしょうね。舞踏会には当然ワルツやタンゴの踊りを踊りますから、リードしなければならない男性の役割は何でも恥ずかしい年頃の10歳の男の子達にはちょっとした挑戦かもしれません。

でも!
ここ2ヶ月は学校でダンスの特訓をしていたようですから、彼らにとっても「いいところを見せたい。」という気持ちがあるかもしれませんね。少なくともスーツを着てタイをビシッと決めた男の子達は大人の男性のように見えるものです。


子供達はダンスのパートナーを自分で選ぶことができません。身長などを考慮して、事前に先生がペアを決めておくのです。もちろんそこはお年頃の子供達。毎年、好きな男の子とペアになることができない女の子が泣いてしまう・・というようなゴタゴタがあるようです。ここが子供達にとっても学びのステップなのだと私は思っています。つまり、友達とグループを作ってじゃれ合う時代から一歩進んで、「誰が相手でも尊重の気持ちを持って礼儀正しく振舞うことができる」という大人のマナーを少しずつ身につける練習です。


ちょうど今年は私の下の子供、娘のメリ(Meri)が舞踏会に招待されました。
他の女の子と同じように、お気に入りのドレスとそれに合う靴を何週間も前から用意していたメリ。(お支払いはもちろんおばあちゃまのキューリッキが担当です。笑。)私が驚いたのは、なんとアイシャドウの色まで事前に決めていたこと!どうもお友達同士で「誰が一番素敵なドレスで来るか」を競い合っていたようです。(今日舞踏会直前の練習を見に行ってみて、この競争がそれほど真剣なものでないと分かり安心しました。)

それにしても、練習を見学に来た女の子達の親が自分の娘のドレス姿を目にした時の表情といったら!まだまだ子供だと思っていた娘が、突然洗練された若い「女性」に変身しているのですからね。(私自身もそう感じました。)



市が主催するこの舞踏会のはじまりは1997年。当時の市長、エーヴァ・リーッタ・シートネン氏が子供のマナー向上のために発案し、実現したのが第一回でした。「お行儀良くしなさいと口で伝えたり、行儀の悪さをしかっているだけでは、子供達はマナーを覚えない。」というのが彼女の主張。

マナーが必須である環境を与え、実践を通じて教育を行う意味も込め、古くからのマナーが最も求められる舞踏会を提案したというわけです。マナーの習得を頑張った子供たちへヘルシンキ市からのご褒美は、市が実現できうる中で最高の空間です。アルヴァ・アールトが手がけた建築的にも重要なロケーションであるフィンランディアホールで振舞われるのは一流の料理。舞踏の後には毎年有名なロックスターがコンサートを披露します。これは全て無料です。

市長にとってもこの独立記念舞踏会は一年に一度の大仕事。現在の市長、ユッシ・パユネン(Jussi Pajunen)と副市長は舞踏会に招待された4年生全員と一人ずつ握手を交わします。未来ある子供達のために頑張っていただきたいですね。笑。

見学の際に撮影したお写真を紹介しますね。

①メリ(右)とお友達です。
a0071240_0271759.jpg


②男の子達もビシッと。
a0071240_0275577.jpg


③皆で。
a0071240_0281453.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後にヴィラ・マイスオミ関連のお知らせです。

ヴィンテージマリメッコキルトクッションカバー
販売が本日より開始になりました。全部で16パターンです。
お気に入りを見つけてくださいね。
ロビー

ムーミンマガジンdeko.マガジン
送料を見直しました。
また、6ヶ月12ヶ月での定期購読販売も開始しました。それぞれ5%10%お得です!
書斎
by mysuomi | 2010-12-03 23:59 | 文化 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mysuomi.exblog.jp/tb/11653548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< マイスオミのクリスマスカレンダー Nikita!! >>