フィンランド・デザイン
by mysuomi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
MY SUOMI INFO
マイスオミ株式会社
ヘルシンキを拠点に、
フィンランドのデザインや建 築・ライフスタイルに興味をお持ちの皆様へ日本語のガイドツアー、その他様々なサービスをご提供する会社です。
www.mysuomi.fi



カテゴリ
デザイン
建築
ライフスタイル
ヘルシンキ
文化
教育
グルメ
プロダクト
質問
北欧
イベント
MY SUOMI NEWS!
お知らせ
クリスマスカレンダー2013
トーベ100周年
役立つ情報
My Suomi Team
以前の記事
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
more...
最新のコメント
フィンランド語が世界で一..
by わし at 04:46
レフティだろ
by おれ at 04:40
突然すみません。 TB..
by ヒガシガワ at 19:15
moncler pas ..
by pirate bla at 06:47
Most http://..
by iaayidub at 13:25
Nach meiner ..
by eaglesEr at 02:38
They search ..
by human hair at 01:23
louboutin wo..
by christian at 20:26
A http://cia..
by ovkhabomiwut at 07:06
louboutin wo..
by christian at 23:32
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
フィンランドの教育 ~高校

モイ!


マイスオミのラウラです。


これまではフィンランドの教育について、小学校と中学校教育の観点から書いて来ましたが、高校教育についても一言述べたいと思います。


教育にご興味のある方は過去記事もご覧ください。

① 教育機会の平等
② 教員養成
③ 「考える力」を育つ
④ フィンランドの教育 ~小高校

⑤ フィンランドの教育 ~中学校

a0071240_00123643.jpg
(写真と本文は関係ありません。学校は基本的に撮影禁止ですので、ヘルシンキの何年か前の雪景色で失礼します。)


小学校と中学校は日フィン間で様々な点で異なりますが、高校教育の場合も差異が存在します。


一番大きな違いは、フィンランドの高校は大学で採用されているような単位制が導入されているということです。


単位制によって1A2B…クラスはありません。一週間に一度、約10分間の担任の先生の時間は設けられていますが、クラスメート・仲間意識もほとんどなく、正直言って、同じグループの生徒はあまり覚えていないのです。毎週の10分は先生が様々な連絡や注意事項、その後の学校行事や試験について話し解散というふうにあっという間に終わりました。


高校は基本的に3年で卒業しますが、全ての必要な単位は、例えば留学生は4年、練習に時間が取られるスポーツ選手などは3年半、4年…自分に合ったスケジュールを組むことができます。2年半、5年間で卒業する人はとても少ないですが、不可能ではありません。


科目は数学、国語、外国語(英語、スウェーデン語は全員、その他にフランス語、ドイツ語、イタリア語などが一般的)、歴史、社会学、物理学、化学、生物学、地理、宗教、哲学、心理学、健康学…体育、美術、音楽ももちろんあります。全てをある程度勉強しないといけませんが、説明しようとすると長くなってしまいますので、ここまでにします。


数学についてだけ詳細を述べると、直訳して「長い数学」と「短い数学」があります。長いほうがその名の通り難度が高く、授業も多いです。途中で短い数学に変更することが可能です。母校はほとんど全員長い数学にしていて、私もそうでしたが、元々文系ですので、いい成績を取るのにほとんど全て丸暗記しました…


卒業するには、必要なコースを終え、単位を取得する他、「卒業資格試験」という全国で同時に行われる試験を合格する必要があります。


卒業資格試験は春の行われ、どの試験を受けるかは自分で決められます。ただし、国語(フィンランド語、またはスウェーデン語)の試験は全員義務で、最低4科目を受ける必要があります。


4科目はかなり少ないので、例えば私はフィンランド語(国語)、英語、スウェーデン語、フラン後、世界史、そして宗教にしました。数学はほとんどの人が選択しますが、大学は文系にする予定でしたので、他の科目を優先しました。


高校資格試験の勉強は基本的に自習で、塾に通うことはそれほど一般的ではありません。私は留学中にスウェーデン語を忘れてしまいましたので、スウェーデン語を復習するために、有料の集中講座を受講しました。


フィンランドの高校教育は無料です。給食ももちろん無料で、ベジタリアン食や宗教色など多様なニーズに合ったメニューもあります。教科書だけは自己負担、または親の負担で、本屋さんで買ってきます。


フィンランドの高校は全て共学で、制服はないです。部活もなく、放課後にダンススクールやサッカークラブなどに通います。実は学園祭もないです。こうして見るとフィンランドの高校は「楽しいことがない」ように見えますが、クラブ活動や祭りは学校の外で行われますので、フィンランドの学生たちはただひたすら勉強している訳ではないし、放課後に何もしないという訳でもないです。


フィンランドにおける小中高校教育の卒業時期は6月です(高校は12月も可)。高校卒業の日はみな白い帽子をかぶり、卒業式に出た後、家でパーティーを開きます。私の場合は親戚や友達約90人で来てくれて、とっても賑やかで楽しかったです。二次会もあって、翌朝の始発で帰宅しました(笑)白夜なので何時になっても暗くなく、友達と公園でわいわいしていました。楽しかったな。


以上フィンランドにおける高校教育についてです。


今回の記事についてご質問・コメントのある方は是非コメント欄をご利用ください!

また、フィンランドの教育現場を体験・視察されたい方に、以下の視察ツアーをお勧め致します。


 学校視察(マイスオミベーシック)
 保育園視察(マイスオミベーシック)

お問い合わせだけでもかまいません。日本語で対応いたします。

お問い合わせ先
マイスオミ (My Suomi
電話 +358 45 1111 033 (日本語)
メール info@mysuomi.fi (日本語)
www.mysuomi.fi


[PR]
by mysuomi | 2014-11-25 14:54 | 教育 | Trackback | Comments(0)
[11月20日] 一週間の天気
皆様、こんにちは。

11月20日だということでクリスマスまであと一ヶ月!

2014年11月23日(土)にヘルシンキのアレキサンテリンカトゥ(アレクサンダー通り)で65回目のクリスマスイルミネーションが点灯されます。

12日8日からヘルシンキ大聖堂の前に広がる元老院広場で聖トーマス・ クリスマスマーケットも行われ、この一年早かったなと振り返っています。(クリスマスマーケットの開催期間:12月8日~21日)

一年の中で一番日照時間が短い日の冬至(12月22日)までもあと一ヶ月ですが、以下に通り、日照時間はかなり短くなっています。

日の出 8時48分 (夏至6月21日 4時03分)
日の入 15時51分 (夏至6月21日 23時09分)
(ヘルシンキ、2014年11月13日)

では、向こう一週間の全国の天気予報を見てみましょう。

a0071240_12474927.jpg
a0071240_12475522.jpg
地図の下に記載されているのは、左から順に
①曜日の省略表記
②日付
③時間(15時)です。

「To」は木曜日(torstai)
「Pe」は金曜日(perjantai)
「La」は土曜日(lauantai)
「Su」は日曜日(sunnuntai)
「Ma」は月曜日(maanantai)
「Ti」は火曜日(tiistai)

水曜日の天気図は掲載されていませんが、水曜日(keskiviikko)の省略は「Ke」と書きます。

曜日の次は日付ですが、フィンランドでは日付を並べる順番は「年月日」となっています。
例えば、「11月20日」は「20.11.」と書きます。

最後に時間ですが、午後2時(14時)の天気予報になっています。日にもよりますが、基本的には朝晩はもっと寒く感じますので、暖かくしてお出かけください。

次にヘルシンキの天気予報を見てみましょう。

a0071240_12480173.jpg


気温は5℃位でほぼ横ばいです。雪が降るかもしれませんが、ヘルシンキはまだ積もることはないでしょう。

ではまた来週!

[PR]
by mysuomi | 2014-11-20 12:55 | ヘルシンキ | Trackback | Comments(0)
可愛いシベリウス
モイ!

マイスオミのラウラです。

一週間程ヘルシンキへ行っていましたが、ほとんど何も変わっていなくてほっとしていました。
ビルの外壁塗装の施工が相変わらず多かったのですが、至るところにいきなりジムとドライフルーツの店が出来ていました。健康ブームの影響なのかと思います。

国立美術館アテネウムの屋根も工事中です。

しかし、閉館だと思われる方は損します。

なぜかというと現在とってもお勧めのシベリウス展覧会が開催中だからです。

来年2015年は世界的に有名なフィンランドの作曲家ジャン·シベリウスの生誕150周年を迎えますが、本展覧会はその記念として催されます。

a0071240_01233797.jpg
撮影禁止ですが、入場券代わりにチケット売り場で渡される入館シールがあまりにも可愛くて思わず写真を取っちゃいました。
シベリウスの漫画化はなかなかヒューモアが効いています。

展覧会はちょうどいい広さで、1時間あれば十分に回れます。

ミュージアムショップにシベリウスをテーマにした展覧会限定のグッズが売っていて、ノートやチョコレートなど小さなお土産を買っちゃいました。


「シベリウスとアートの世界」(Sibelius ja taiteen maailma)
2015年3月22日まで開催
住所 Kaivokatu 2、ヘルシンキ
開館時間 火、金 10–18
     水、木 10–20
     土、日 10–17
閉館日 月曜日

展覧会を見ていたらお腹が空いてきましたので、気に入りのレストラン「Juuri」でおしゃれなフィンランド料理ランチをいただくことにしました。

おまけに写真をどうぞ。

a0071240_01395205.jpg
a0071240_01393011.jpg




[PR]
by mysuomi | 2014-11-19 18:18 | ヘルシンキ | Trackback | Comments(0)
レストランデイ開催のお知らせ
a0071240_1595540.jpg


レストランデイ開催のお知らせ

レストランデイは2011年春にヘルシンキで始まった「食べ歩き」をテーマにしたイベントです。

誰でも好きな場所で1日限定のレストランやカフェをすることができるという街全体が盛り上がるカーニバルです。

入場料は入りません。その辺にあるカフェで美味しいものを買ったり、前もって当イベントのウェブサイトから面白そうな店をメモって美味しいもの探しの旅に出かけたり…

a0071240_1510051.jpg


開催場所:全世界 -ヘルシンキが発祥の地ですが、年に4回の開催は現在世界中に広がっており、日本でも同日に開催されています。

開催日:年4回、次の開催日は明日11月15日です。

入場料:街全体が会場となりますので無料だが、食べ物・飲み物は有料 -個人が一日限定で店を出しますので、基本的に現金のみです。

ウェブサイト:http://www.restaurantday.org/ja/ (左上の欄にカタカナかローマ字でヘルシンキ/Helsinkiを記入して11月15日限定の店を検索)
フェイスブック:https://www.facebook.com/ravintolapaiva
[PR]
by mysuomi | 2014-11-14 15:07 | イベント | Trackback | Comments(0)
[11月13日] 一週間の天気
皆様、こんにちは。

ここ数日、ヘルシンキは灰色の空になっていますが、平年に比べて暖かいです。
雨が降っていても霜のようですので、傘はあまり差していません。

昨日はおそらく今年最後にキノコ狩りをしてきましたが、この間雪が降っていましたので、一度凍って解凍したキノコは水っぽくて、干すのに時間がかかりそうです。今サウナでそれを干していますが、そろそろ食品乾燥機を買わないと、干している間はサウナに入れません(笑)

では毎週のように日照時間を見てみましょう。

日の出 8時30分 (夏至6月21日 4時03分)
日の入 16時06分 (夏至6月21日 23時09分)
(ヘルシンキ、2014年11月13日)

以下、向こう一週間の全国の天気予報です。

a0071240_1758818.jpg

a0071240_17581691.jpg


地図の下に記載されているのは、左から順に
①曜日の省略表記
②日付
③時間(15時)です。


「To」は木曜日(torstai)
「Pe」は金曜日(perjantai)
「La」は土曜日(lauantai)
「Su」は日曜日(sunnuntai)
「Ma」は月曜日(maanantai)
「Ti」は火曜日(tiistai)

水曜日の天気図は掲載されていませんが、水曜日(keskiviikko)の省略は「Ke」と書きます。


曜日の次は日付ですが、フィンランドでは日付を並べる順番は「年月日」となっています。
例えば、「11月13日」は「13.11.」と書きます。


最後に時間ですが、午後2時(14時)の天気予報になっています。最高気温ですので、朝晩はもっと寒く感じます。私はダウンコートに冬用のブーツにマフラーと手袋という格好をして出かけています。友達はまだバレリーナシューズで我慢していますが、とても寒そうです…

次にヘルシンキの天気予報を見てみましょう。

a0071240_17582043.jpg


先週より雨が少なそうですが、それでも傘を持ち歩くといいでしょう。

では、また来週!
[PR]
by mysuomi | 2014-11-13 09:05 | ヘルシンキ | Trackback | Comments(0)
フィンランドの教育 ~中学校
モイ!

マイスオミのラウラです。

資源の少ないフィンランドにおいては、「教育」による「人材」育成がとても重要です。

「小国」フィンランドはある意味で教育「大国」であり、フィンランドの教育システムが世界中注目され、高く評価されています。

本日は体験談や具体的な例を混ぜながら、中学校について書きたいと思います。

ご興味のある方は以下の教育についての過去記事もご覧ください。

① 教育機会の平等

② 教員養成

③ 「考える力」を育つ

④ フィンランドの教育 ~小高校

また、ブログだけでは物足りず、フィンランドの教育現場を視察したい方に、「学校視察(マイスオミベーシック)」を提供しています。詳細・ご予約はこちらから。

a0071240_21511686.jpg

(フィンランドの日常写真)

さて、フィンランドの中学校ですが、小学校に6年間通った後、基本的に受験をしないで入ります。

中学校は日本と同じく3年で、生徒は7年生、8年生、9年生と呼ばれます。一クラス18人~24人と少人数です。

受験がほとんど行われませんが、「音楽専攻」「メディア専攻」など、普通科ではないクラスがかなり多く、その場合は受験があったりします。私はメディア科といって、ウェブサイトの作成、記事の編集、英語劇など少し変わったクラスに通っていましたので、受験を受けました。内容は数学、国語、英語でした。

小学校3年か英語教育が始まりますが、中学校ではスウェーデン語が必須科目で、7年生(中学1年生)から全員勉強します。8年生からフランス語やドイツ語、スペイン語などを始める生徒もいて、私は中学校に入って、ドイツ語をフランス語に変更してもらいました。

中学校は選択科目もいくつかあります。例えば科学は得意けれど生物学はそうでもない生徒は、科学を多めに取り、生物学の授業は少なくすることができます。体育の多めに取ったり、高校進学を目的とする基礎教育より高いレベルの数学の授業を取ったりすることもできます。私は後記の数学を取りましたが、元々数学が苦手で、後悔していた記憶があります(笑)

高校受験はほとんどなく、成績で決まります。生徒の成績の平均値が行きたい高校の偏差値を超えれば入学できます。

私が高校に入った年は、その高校の偏差値がいきなり高くなり、結果的に女の子2/3、男の子1/3というほぼ女子高になってしまいました。フィンランドでは偏差値が高い高校ほど、女の子が多いからです。

こうして中学校について書いていると母校に遊びに行きたくなります。私のことがきっと覚えていないでしょうが。

次回は高校について書く予定です。今回の記事についてご質問・コメントのある方はぜひコメント欄をご利用ください!

また、フィンランドの教育現場を体験・視察されたい方に、以下の視察ツアーをお勧め致します。
① 学校視察(マイスオミベーシック)

② 保育園視察(マイスオミベーシック)

お問い合わせだけでもかまいません。日本語で対応いたします。

お問い合わせ先
マイスオミ (My Suomi)
電話 +358 45 1111 033 (日本語)
メール info@mysuomi.fi (日本語)
www.mysuomi.fi
[PR]
by mysuomi | 2014-11-11 21:31 | 教育 | Trackback | Comments(0)
ヘルシンキでイギリス風アフタヌーンティー!
皆さん、こんにちは。
マイスオミのヘンナです。

私はイギリスに5年間住んだこともあり、コーヒー派というよりかも紅茶派です。
今日はそういった紅茶好きな方へ特にお勧めのレストランを紹介したいと思います。

それはヘルシンキのマーケット広場沿いに位置するレストランSalutorget(サールトルイェット:スウェーデン語で「マーケット広場」という意味)。

Salutorgetでは火曜日~土曜日で14時と18時の間でイギリス風「アフタヌーンティー」を提供しています。
a0071240_2248192.jpg

期待していた以上にもおいしくて、しかもお店の雰囲気が良く、インテリアも素敵です。
a0071240_22501548.jpg

紅茶の他に、小さなサンドイッチやきのこのパイなど、そしてもちろんケーキやマカロンなどの甘い物が並んでいました。
a0071240_22495546.jpg

a0071240_22503340.jpg

a0071240_22504652.jpg


アフタヌーンティーの他にもおいしい北欧料理が食べれるので、ちゃんとしたお食事にもお勧めです。
a0071240_22551762.jpg

予約なしでも行けるので、ご興味のある方は是非お試しください!


【アクセス情報】 レストランSalutorget

ウェブサイト: http://www.salutorget.fi/
住所: Pohjoisesplanadi 15, Helsinki
営業時間: 
月曜日 11~23時
火~金曜日 11~24時
土曜日 12~24時
日曜日 11~17時30分
[PR]
by mysuomi | 2014-11-10 22:55 | グルメ | Trackback | Comments(0)
フィンランドの教育 ~小高校
モイ!

マイスオミのラウラです。

「教育」と「フィンランド」は深く結びついていて、
グーグル検索に「フィンランド」の入力を始めると検索候補の3番目に「教育」が表示されます。
(1番「旅行」2番「観光」)

そして、資源の少ないフィンランドにおいては、学校教育の推進と「人材」育成が欠かせません。
日フィン共通課題でもあると思います。

フィンランドの基礎学校を視察したいが、どこがいいかわからない方に、そして典型的なフィンランドの基礎学校を視察したい方に「学校視察(マイスオミベーシック)」を提供しています。

お問い合わせについては記事の最後に説明しています。

これまでは3回に分けて「フィンランド教育~その特徴は?」と題し、フィンランドの教育について書いてきました。

過去記事の一覧:

① 教育機会の平等

② 教員養成

③ 「考える力」を育つ

本日から教育現場という学校を小・中・高校に焦点を当て、教育内容や日常について少し述べたいと思います。

では、まず小学校についてです。

a0071240_13213850.jpg

(小学校の遠足。フィンランドらしく森と湖。)

まとめから書きますと、

小学校
・7歳~13歳まで
・少人数 一クラス18人~24人
・3年生から英語(ドイツ語、フランス語も)
・5年生から第二外国語
・部活はなく、放課後に習い事やスポーツクラブ

小学校入学は7歳が対象です。
親の判断で6歳も8歳でもかまいませんが、ほとんどの生徒は7歳で一年生になります。

新学期の時期は8月中旬、夏休みには6月の頭から入ります。
90年代の話ですが、私も新しい黄色ワンピースを着て、母や祖父と手をつないで、ドキドキしながら登校したな。懐かしいです。

クラスは少人数で、特に小学校1年生はそうです。

たとえば、一年のときは一年生のクラスが3つあって、3年から2つに合併するという工夫もされています。小学校1年はきわめて重要な1年ですので、生徒一人ひとりの将来のために少人数が重要視されています。

では、気になる英語教育ですが、3年生から英語の勉強を始めることが一般的です。

私は親が翻訳者ですが、小学校時代、英語教育の意味がわからず(いつ役に立つかという実感がわかず)、英語はとにかく苦手でした。でも、英語劇(教科書の話をみんなでセリフを発音しながら演じる)だけは好きでした。

第2外国語は5年生からです。

選択する生徒ももちろんたくさんいますが、ドイツ語やフランス語といったヨーロッパの言語が人気で、提供している学校も多いです。

私は5年生になってドイツ語の勉強を始めましたが、中学校に入ってそれをフランス語に変えました。
理由はいろいろありましたが、ドイツ語の翻訳者である父は何も言わなかったのですが、心の中ではがっかりしていたでしょう。ごめんなさいね。

最後に「部活」についてですが、一言でいうと、部活という活動はないです。

放課後にサッカークラブ、ダンススクール、ピアノ教室…に通います。

私は器械体操、陸上、絵画教室、ピアノ教室、色々な趣味を経て、結局ピアノとジャズダンスにたどり着き、高校・大学まで続けました。

男の子はサッカーが人気で、女の子はダンススクールといった感じでしょうか。
ピアノなど楽器を弾く子も多く、ボーイ・ガールスカウト活動に参加していた友達もいました。

以上、小学校についてです。

次回は中学校の話に入りたいと思いますが、ご質問・コメントのある方はぜひコメント欄をご利用ください!


ブログを呼んだだけでは、フィンランドの教育は実感がわかないのかもしれません。
フィンランドの教育施設を視察されたい方を対象に「学校視察」ツアーを実施しております。

ご興味のある方はお問い合わせ、もしくわご予約くださいませ。
お問い合わせだけでもかまいません。日本語で対応いたします。

お問い合わせ先
マイスオミ (My Suomi)
電話 +358 45 1111 033
メール info@mysuomi.fi
(日本語)
[PR]
by mysuomi | 2014-11-08 12:26 | 教育 | Trackback | Comments(0)
[11月6日] 一週間の天気
皆様、こんばんは。Iltaa!(イルター)

本日の天気予報が遅くなり、申し訳ございません。

7時間の時差だということで、フィンランドは現在午後4時です。

さて、向こう一週間の天気ですが、一桁の気温が目立っています。

ただ、これはフィンランドの11月の気温として当然と言えば当然ですので、驚くことはなく、
今年はむしろ平年より暖かく感じます。

日照時間も少しずつ短くなっています。

日の出 8時12分 (夏至6月21日 4時03分)
日の入 16時23分 (夏至6月21日 23時09分)
(ヘルシンキ、2014年11月06日)

以下、向こう一週間の全国の天気予報です。
a0071240_22571442.jpg
a0071240_22571689.jpg

地図の下に記載されているのは、左から順に曜日の省略表記、日付、時間(15時)となっています。

「To」は木曜日(torstai)
「Pe」は金曜日(perjantai)
「La」は土曜日(lauantai)
「Su」は日曜日(sunnuntai)
「Ma」は月曜日(maanantai)
「Ti」は火曜日(tiistai)

水曜日の天気図は掲載されていませんが、水曜日
(keskiviikko)の省略は「Ke」と書きます。

曜日の次は日付ですが、フィンランドでは日付を並べる順番は「年月日」となっていますので、「11月6日」は「6.11.」と書きます。

最後に時間が記載されています。

午後2時の天気予報となっていますので、朝晩は零度を下回ります。フィンランドの家はセントラルヒーティングという温風を送らず、部屋全体を暖かくしてくれる暖房器具のおかげでとても暖かく、布団から出られないというのはあまりないのですが、朝外に出るのは最近難しくなったなと感じています。

次にヘルシンキの天気予報を見てみます。

a0071240_22571967.jpg
今日はみぞれと雪が降っています。マリメッコの傘が大活躍です。

では、また来週!

[PR]
by mysuomi | 2014-11-06 23:03 | ヘルシンキ | Trackback | Comments(0)
ムーミンの生みの親は実はムーミンが嫌だった?!
モイ!

マイスオミのラウラです。

今年2014年はムーミン生みの親トーベ・ヤンソン(Tove Jansson)が生まれてから100年が経ちます。

現在、横浜そごう美術館で「生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 〜ムーミンと生きる〜 」が開催されていますが、見学をきっかけに本日はその主人公トーベ・ヤンソンについて少し書きたいと思います。

Tove Janssonはカタカナで「トーベ・ヤンソン」と書くのが一般的ですが、「トーヴェ・ヤンッソン」と書いたほうが本来の発音に近いので、以降トーヴェ・ヤンッソンと書かせていただきます。

a0071240_09460170.jpg

トーヴェ・ヤンッソンは日本ではムーミン、そして特に可愛いグッズで知られていて、フィンランドでもどちらかというと「ムーミン」というレッテルが貼られています。

しかし、だからこそ今年生誕100周年は彼女についてもっと知るきっかけであると思っています。

まず、ムーミンは、アニメから始まった訳ではなく、イギリスの新聞「イブニング・ニューズ」の漫画『ムーミントロール』で始まりました。1954年のことで、20年に渡り漫画を連載していました。
※11月22日編集:※トーべは1947年-1948年、ムーミンを元恋人アートス・ヴィルタネンの「Ny Tid」誌にプレゼントとして連載しました。

ムーミンの誕生の時期というのは、第二次世界大戦という暗い時代でした。ヤンッゾンにとって、「ムーミン」は世相からの逃避でもあり、その執筆が癒しになっていたそうです。

ところが、トーヴェ・ヤンッソンの作品はムーミンはごく一部です。彼女の才能はとても多彩で、画家、挿絵画家、政治風刺画家、作家としても活躍していました。

ヤンッソンご本人にとって、「ムーミン」の作家ではなく、画家であることが最も重要で、本来ならばそれだけに集中したかったようです。しかし世界中有名になっらのは「ムーミン」で、ムーミンと付き合わざるを得なかったです。イギリスの新聞の連載を辞める手紙にも「ムーミンと離婚します」とのような内容を書いていました。

ただ、ここで注意したいのは、トーヴェ・ヤンッソンは子供がとても好きで、手紙を送ってくれた小さなファンたち一人ひとりに手紙を丁寧に送り続けていたそうです。

ムーミンだけで知られるのはあまり嬉しくなかったとしても、子供に喜びを与えるという点で「ムーミン」の執筆にやりがいを感じていました。ムーミンの商品化やアニメを批判していた友人に対しても、「子供が喜べばそれでいいんだ」ときっぱり言い切ったそうです。

私はトーヴェ・ヤンッソンが物質主義(物質・金銭の充足を第一として、精神面を軽視する考え方)が嫌がったのを知っていましたが、グッズやアニメを徹底的に批判していた訳ではなかったようです。

トーヴェ・ヤンッソンはとても深い人物ですので、今後はまた別の観点から書きたいと思っています。本日はここまでです。

a0071240_09455520.jpg

[PR]
by mysuomi | 2014-11-03 10:46 | トーベ100周年 | Trackback | Comments(3)