フィンランド・デザイン
by mysuomi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
MY SUOMI INFO
マイスオミ株式会社
ヘルシンキを拠点に、
フィンランドのデザインや建 築・ライフスタイルに興味をお持ちの皆様へ日本語のガイドツアー、その他様々なサービスをご提供する会社です。
www.mysuomi.fi



カテゴリ
デザイン
建築
ライフスタイル
ヘルシンキ
文化
教育
グルメ
プロダクト
質問
北欧
イベント
MY SUOMI NEWS!
お知らせ
クリスマスカレンダー2013
トーベ100周年
役立つ情報
My Suomi Team
以前の記事
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
more...
最新のコメント
突然のコメント失礼します..
by ふみ at 23:14
フィンランド語が世界で一..
by わし at 04:46
レフティだろ
by おれ at 04:40
突然すみません。 TB..
by ヒガシガワ at 19:15
moncler pas ..
by pirate bla at 06:47
Most http://..
by iaayidub at 13:25
Nach meiner ..
by eaglesEr at 02:38
They search ..
by human hair at 01:23
louboutin wo..
by christian at 20:26
A http://cia..
by ovkhabomiwut at 07:06
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ライフスタイル( 383 )
フィンランド人の休み明けのコツ
モイ!Moi!  (=フィンランド語で、「やぁ!」や「こんにちは!」)

マイスオミのラウラです。

夏休み明け、仕事モードに戻るのはスムーズにいかないときがあります。フィンランド人の多くは来週、再来週から学校や職場に戻りますが、気分の良くない方もいらっしゃるかもしれません。

夜もなかなか暗くならないという白夜、バーベキュー、別荘での休みを楽しんだ後に仕事に戻るのは言うは易く行うは難しです。

この時期は仕事に戻るためのコツが新聞やその他の雑誌で紹介されていますが、本日はその中からいくつか紹介したいと思っています。

a0071240_09461310.jpg

日本の夏休み明けはまだこれからだという方が多いかと思いますが、お盆休み明けにでもお役に立てたら嬉しいです。

① 睡眠リズムと食生活を平行してもとに戻すと良い。
重い食事、お酒、コーヒーを避けると寝つきがいいし、睡眠がしっかりとれていると夜の食べ過ぎ防止にもなります。

② 休みの日の朝食は早めのランチという時間帯に食べてしまいがちです。いきなり朝早く朝ごはんを食べるのは食欲が湧かないかもしれません。小さくて軽いものを口にしたり、ランチ時間を早めたり、朝ごはんを朝早く食べる習慣を少しずつ身に付けると良い。

③ 休みの間アイスクリームやケーキを多く食べた人の体は糖分を欲しがっているかもしれません。 一日の食事のリズムを直すと甘い物を欲しがることが減少します。どうしてもデザートを食べたい時は一口サイズにしておきましょう。

④ 睡眠リズムは仕事が始まる何日か前から少しずつ直すと、休み明けの疲れが緩和できます。休み中にも規則正しい生活で仕事に戻るときの「時差ボケ」が避けられます。


最後になりますが、こうしたコツがあっても、仕事や授業を始める前にチェックし、実施するのは「言うは易く行うは難し」ですね。

[PR]
by mysuomi | 2014-08-02 09:36 | ライフスタイル | Trackback | Comments(0)
夏が終わろうとしている...ではなく、夏がやってくる...?
モイ!

マイスオミのラウラです。

記録的に暑い7月が終わろうとし、長い冬の間ずっと待ちわびた夏が幕を閉じようとしています。

7月で夏が終わる...?ここで日本人は文章表現上の矛盾に気付くかもしれません。

a0071240_16593558.jpg

しかし、多くのフィンランド人は7月が終わるということを夏が終わるというふうに考えています。なぜなら、8月10日あたりからは小中高等学校の新学期が始まり、夏休みを別荘で過ごした人が職場に戻るからです。

フィンランド語で6月のことを「夏の月」と言います。7月は「藁の月」で、本当の「夏」、「ザ・夏」という意識が強いです。学校の夏休みも日本や多くの欧州諸国と違って、6月上旬~8月上旬までです。

8月は「収穫の月」で、どちらかというと、そろそろ秋だな、という気持ちになれる季節です。

フィンランドの学校や会社は8月入学・入社が一般的なので、8・9月の秋は、新しいスタートとの季節でもあります。秋の涼しい風が吹き、「今年も頑張ろう!」という意識が高まります。夏が終わるというのは悲しいのですが、秋の新しい季節のスタートもいつもとっても楽しみです。

しかし、現在は日本で大学院生活を送っており、8月から夏休みに入ります。私の中では季節外れの夏休みになりますが、有難く休ませていただきます。

そして、休みになるのは授業だけで、マイスオミブログはいつも通りに書き続けます。

a0071240_09205580.jpg

[PR]
by mysuomi | 2014-07-29 08:37 | ライフスタイル | Trackback | Comments(0)
母からの贈り物
モイ!

マイスオミのラウラです。

昨日の番組をご覧になった方はどれ程いらっしゃるのでしょうか。

私はテレビに釘付けになりましたが、フィンランドやフィンランド人は日本でこんなにポジティブに紹介されることに対して感謝しながら最後まで楽しく拝見しました。

弊社のヘンナが少しだけ登場したり、歴女の私にうれしい日本とフィンランドの以外と長いお付き合いの話があったり、サウナ外交という面白いフィンランドの政治界の習慣が紹介されたり...なかなか興味深い内容でした。サンタさんが日本語で「日本語しゃべれません」と言ったのも印象的でした!

さて、話が変わりますが、最近はそれこそテレビを見るのが気持ちいいという雨の日が続き、気分がなかなか乗りません。

だからこそ、母が送ってくれた「サバイバル・キット」と勝手に名づけた贈り物はものすごく嬉しくなりました。(去年のサバイバル・キットの話はこちらをご覧ください。)

サバイバルキットと言いますと、生き残るための最低限のものをパックにまとめたものを指しますが、私のサバイバルキットの中身は何なのかと言いますと...


a0071240_17372992.jpg
ライ麦クラッカー
ブルーベリーチョコなど、大好きなファッツェル社のチョコ
カルダモン、ディルなどフィンランド料理に欠かせない調味料
キシリトールガム
色々な種類のリコリス(フィンランド人は好きだけれど、外国人は基本的に食べれないお菓子)
などなど

a0071240_17374165.jpg
中身は今後紹介していきます。

一つだけコメントしますと、リコリスを一袋全部食べようと思って食べ出しましたが、途中でギブアップ。前は平気で食べれたのに、いつのまにか大人になったということでしょうか。

一袋を一気に食べようと思ったことこそがかなり子どもっぽい、という気もしなくはないのですが...


[PR]
by mysuomi | 2014-06-17 12:00 | ライフスタイル | Trackback | Comments(2)
リユース、リサイクル...フリーマーケットが好きなフィンランド人
モイ!

マイスオミのラウラです。

ヨーロッパのマーケットに対して、皆さんはどんなイメージを持っていますか。

フィンランドにはベリー、きのこ、屋台料理、手芸品など「新しい」ものが販売されているマルシェがあれば、使わなくなった食器、洋服、雑貨の「古い」もののフリーマーケットもあります。

私はマーケットなら新しくても古くても何でも好きで、時間さえあれば色々な屋内外のマーケットを巡っています。(日本に引っ越してからはサービスエリアの野菜直売所ぐらいしか行っていませんので、「巡っていました」のほうが正確ですが...)

フィンランドでリサイクルやリユースは当たり前で、その「リユース好き」はYAHOOのサイトでも取り上げられていますので、ご興味のある方はこちらのサイトにアクセスしてお読みください。

a0071240_16332215.jpg
フィンランド人はフリーマーケットが好きですが、誰かの使った洋服を着たり、食器を使ったりするに関しては抵抗感はほとんどないと思います。というのも、抵抗感のある人がそもそもいるということは海外に渡ってから初めて聞いたのです。

私の個人的な意見ではありますが、誰かの使わなくなった物をリユースすると、その物に歴史を感じたり、味があったり、新しいものよりもプラスアルファの何かがあったりするというふうに考えています。

ですから、私の部屋を見たら、マリメッコのカーテン以外の家具や小物はほとんどがリサイクル、もしくは思い出深いお土産ばかりです。北欧デザインも新しいものより、ヴィンテージやお祖母ちゃんにもらった物が多いです。

ヘルシンキだけでも本当に色々なフリーマーケットがあります。

しかし、どこがお勧めなのか、質の良い物や北欧雑貨はどこで売っているのか、値段の交渉はどうすればいいのか、といった不安のある方、またはガイドと一緒に掘り出し物探しに出かけたい方には、マイスオミの「蚤の市ツアー」をお勧めします。約5時間の少人数ツアーで、ランチとお土産が付いています。

フィンランド人の大好きなフリーマーケットでローカル気分を味わいませんか。

a0071240_17093374.jpg

[PR]
by mysuomi | 2014-06-04 14:00 | ライフスタイル | Trackback | Comments(0)
雨のしずく
モイ!
ご無沙汰しております。

マイスオミのラウラです。

しばらくブログに投稿していませんが、その理由は、母の北海道旅行です。

この2週間はマイスオミの仕事の逆コースという、
「フィンランド人に日本の良さを知ってもらう」
「日本の観光だけれはなく、実際のライフスタイルを体験してもらう」
ということをしています。

母が札幌に到着して、私が「何がしたい?」「何が食べたい?」と聞くと、「おにぎり」が食べたいと。

初日の夜はもう少し豪華な食事を御馳走しないと、大事なお客様(母)を迎えている私としては少し恥ずかしいので、さらに聞いていくと、「ロブスター」が食べたいと。

「ロブスター」と「おにぎり」と言われると、ギャップがあり過ぎて、思わず笑ってしまいました。しかも、そのロブスターは毛ガニのことでした。

さて、昨夜は母が帰国し、ちょっぴり寂しいラウラですが、朝から降っていた雨がやみ、母が持ってきたフィンランドのお土産を履いて、散歩に出かけようかと思っています。

a0071240_1333855.jpg


2013年秋 マリメッコ × コンバース コラボ スニーカー!

雨のしずくが描かれている柄「Pisaroi」(しずく)が私の気に入りで、傘も持っています。

a0071240_1338199.jpg


ただ、マリメッコのスニーカーは雨のしずくが描かれていても、あまりにも貴重で、雨の日には履きたくないですね。この柄の長靴があれば、と思う、雨の日の多いこの頃です。
[PR]
by mysuomi | 2013-09-14 13:40 | ライフスタイル | Trackback | Comments(2)
フィンランド人のお家の窓から
モイ!
マイスオミのラウラです。

旅行中は、ガイドブックで紹介されている観光地や飲食店をほとんど全部制覇でたら、ものすごい満足感を感じますが、私だけでしょうか?

せっかくの旅行なのに、その目標がストレスになったこともありますので、最近はなるべくマイペースで旅行するようにしていますが...

最終的には人と人との出会いや、感動したこと、ちょっとした事件、いつもと違った、またはものすごく美味しい食事のほうが、ガイドブックに載っているところよりも記憶に残りますし。

旅行中は知り合いのお家に泊まららせていただくことが多く、今までは世界中の様々なお家を見ることができました。

この話はブログにどう関連するかと言いますと、フィンランドの一般の人のお家を紹介するウェブページを見つけましたので、紹介したいと思います。

ヘルシンキ新聞のフォト・コンテストですが、一般のフィンランド人が自分の家の窓から撮った写真を送り、その600枚の寄せられてきた写真から、30枚が選ばれました。


都会や田舎、朝や夜、海、湖、工事...様々な景色が広がって、とてもリアルのフィンランドが見られるかと思います。

このコンテストに選ばれた30枚の中からはさらに優勝者が選ばれますので、お気に入るの一枚があったら、ウェブサイトの各写真の下部に書いている「Tämä on suosikkini」をクリックして投票しましょう!

投票したら、「Kiitos äänestäsi!」という文字が現れますが、「投票してくださって、ありがとうございます」という意味です。

投票の締め切りについては何も記載されていませんので、お早目にお願いします!

a0071240_14191752.jpg


a0071240_1418545.jpg


家の窓からではなく、バスの中から撮ったヘルシンキの写真で失礼します。
[PR]
by mysuomi | 2013-08-23 14:08 | ライフスタイル | Trackback | Comments(2)
給食の話
Moi!
マイスオミのラウラです。

フィンランドの教育は教育水準、講師教育の高さで世界中注目を集めていますが、注目すべき側面は他にもあります。

「ヘルシンキの保育園:オーガニックな給食へ」

地産地消のオーガニックなら、中間業者の数が減り、安全性が向上します。

また、子どもたち早い段階が「持続可能な消費習慣」を身につけることは、食物源への関心につながるし、大人になってからも、継続可能な消費の考え方を持つかもしれない。

一石二鳥。
(フィンランド語:一つの叩きで二匹の蚊を落とす)

この取組がヘルシンキの保育園から全国に広がってくれればなおさらですね。

そう言えば、フィンランドの学校や議会など公的な食堂では、毎週の木曜日にビーンスープとフィンランド式パンケーキを食べる習慣があります。

保育園の場合は、毎週同じメニューだと子供たちが飽きちゃうし、栄養的にもあまりよくないかもしれないし、そして何よりそのビーンスープは「給食メニュー嫌いなものNo1」ですが、これからビーンスープとパンケーキが出されたら、オーガニックになるのでしょうね。
[PR]
by mysuomi | 2013-07-31 18:04 | ライフスタイル | Trackback | Comments(0)
苺一絵…?
HYVÄÄ JUHANNUSTA!
(ヒュヴァ―・ユハンヌスタ)

フィンランドにいる友達の夏至祭写真をフェイスブックでうらやましく見ているラウラです。

フィンランドにいれば、(6時間の時差があるため)今の時間は一年で最も昼の時間が長くなる日という夏至を別荘で祝っていますが、今年はそうはいかないですね。

しかし、昨日は大学のキャンパスで、フィンランドの森で雨の降った後に広がる深い香りがしたし、友達と食べたベリーたっぷりのパフェもフィンランドの苺ショートケーキの味がしましたので、札幌にいながらもフィンランドの夏を感じる日でしたので、とっても幸せ気分でした。

フィンランドは、7月がイチゴの季節ですが、Hakaniemi(ハカニエミ)の屋内マーケットのフェイスブックページにこんなおいしそうなイチゴの写真が載せられていました。

a0071240_934384.jpg



マーケットへ行って、摘みたてイチゴが買えない私には、「ずるい...」と言いたくなるような写真ですが。笑。

今日はフィンランド人同士でお茶をする予定ですが、夏至祭らしくイチゴのショートケーキにしようかな。



最後に嬉しいお知らせです。

Ivana Helsinki(イヴァナヘルシンキ)」とユニクロとのコラボレーションTシャツが、明後日6月24日(月)より販売開始となります!

今回発売されるのは、全32色柄の北欧らしいTシャツですが、今後はシャツ、ストール、パーカなども登場する予定です!

今年の夏は北欧プリントに身を包み、楽しく過ごせそうですね!
[PR]
by mysuomi | 2013-06-22 08:32 | ライフスタイル | Trackback | Comments(0)
夏至祭2013
モイ!
マイスオミのラウラです。

昨日フィンランドの友達とメールが届きましたが、出だしに「夏至祭の予定は?」と書いていました。

「そうだ!今週末なんだ!」と思いだし、「夏至祭」(フィン語:ユハンヌス)はどうしようかと考え始めました。

フィンランドでは今おそらく夏至祭ネタしかない程みんなが夏至祭に夢中になっています。なぜなら、夏至祭はクリスマスと並ぶ年間行事の中でもとても大切な行事の一つだからです。

とは言え、クリスマスのように2週間前から料理を作ったりするわけでことはありませんが、前夜と夏至祭当日はユハンヌス・サウナに入ったり、大焚き火をしたり、踊ったりします。

a0071240_1125979.jpg


a0071240_1129424.jpg


夏至祭は魔除けにも良い時期として、「絶対意味ないよね」と言いながら冗談半分ですが、魔法を行うこともあります。

言い伝えによると夏至祭の夜に枕の下に9種類の花を置いて寝ると、男性は将来の運命、女性は婚約者の夢が見られるそうです。

今年実際にやってみようかな。

a0071240_11264591.jpg


現在日本にいますので、本格的な夏至祭は祝えないなと少し寂しく思っていました。

しかし、フィンランド通の友達にとっても北欧らしい夏至祭イベントを紹介してもらいましたので、今年の夏至祭もフィンランドいるかのように過ごせそうです!

a0071240_11383671.jpg


北海道の当別町で開催する第30回夏至祭

フィンランドとスウェーデンの文化が少しずつ違いますので、「マイストングの立ち上げ」や「リースの行進」などスウェーデンの夏至祭行事は私も初めてですが、その他に北欧料理屋台やフォークダンスなどがありそうで、とても楽しみです。

今週の週末に北海道にいる皆様も是非見に行ってみてください!


フィンランドで過ごす夏至祭に戻りますが、夏至祭の日とその前日は店が閉まり、公共交通機関も一部運行を休止し、多くのフィンランド人は自分の別荘や実家に戻ります。ヘルシンキがかなり静かになりますが、面白いイベントも開催されています。

夏至祭の前日21日には屋外博物館「Seurasaari」で毎年恒例の夏至祭イベントが行われます。

私は去年その祭りに参加しましたが、写真もアップしていますので、興味のある方はどうぞご覧ください。

夏至祭の営業時間やイベントに関する情報は、ヘルシンキ観光局のウェブサイトでご覧になれます。

まだ少し早いですが…

Hyvää Juhannusta!良い夏至祭を!
[PR]
by mysuomi | 2013-06-20 11:30 | ライフスタイル | Trackback | Comments(2)
春のポルヴォー
モイ!
マイスオミのヘンナです。

昨日はマイスオミ・チームの研修でヘルシンキから約40キロ離れたポルヴォー(Porvoo)という町へ行ってきました。

前回の記事にも書きましたが、ポルヴォーにはコッコラみたいに、カラフルな昔の家が並んでいる旧市街があります。とても魅力的な街で、かわいいカフェやブティークもたくさん揃っています。
a0071240_2330869.jpg

a0071240_233313100.jpg

a0071240_2354588.jpg


街巡りが終わった後はみんなで雰囲気のいいレストランでランチ♪
a0071240_2336880.jpg


ポルヴォーは5月から夏のシーズンが始まり、旧市街の店などの営業時間も伸びます。
マイスオミではカスタムツアーとしてポルヴォ―ツアーを催行していますので、夏にフィンランドへお越しの皆さんはポルヴォーへ足を延ばしてみてもいかがでしょうか?^^

ちなみに、フィンランドで春と言えば水仙ですが、日本ではお正月の花ですよね?
水仙の季節なのでポルヴォーではあっちこっちに水仙が飾られていました。

最後に皆さんにクイズです:次の写真に写っているかごには柳の枝が入っていますが、この枝はフィンランドでイースターの時何に使われるのでしょうか?お答えはコメントでお願いします!
正解は来週のお楽しみに!
a0071240_23492015.jpg

[PR]
by mysuomi | 2013-04-19 23:57 | ライフスタイル | Trackback | Comments(4)