フィンランド・デザイン
by mysuomi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
MY SUOMI INFO
マイスオミ株式会社
ヘルシンキを拠点に、
フィンランドのデザインや建 築・ライフスタイルに興味をお持ちの皆様へ日本語のガイドツアー、その他様々なサービスをご提供する会社です。
www.mysuomi.fi



カテゴリ
デザイン
建築
ライフスタイル
ヘルシンキ
文化
教育
グルメ
プロダクト
質問
北欧
イベント
MY SUOMI NEWS!
お知らせ
クリスマスカレンダー2013
トーベ100周年
役立つ情報
My Suomi Team
以前の記事
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
more...
最新のコメント
フィンランド語が世界で一..
by わし at 04:46
レフティだろ
by おれ at 04:40
突然すみません。 TB..
by ヒガシガワ at 19:15
moncler pas ..
by pirate bla at 06:47
Most http://..
by iaayidub at 13:25
Nach meiner ..
by eaglesEr at 02:38
They search ..
by human hair at 01:23
louboutin wo..
by christian at 20:26
A http://cia..
by ovkhabomiwut at 07:06
louboutin wo..
by christian at 23:32
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:トーベ100周年( 11 )
ムーミンの生みの親は実はムーミンが嫌だった?!
モイ!

マイスオミのラウラです。

今年2014年はムーミン生みの親トーベ・ヤンソン(Tove Jansson)が生まれてから100年が経ちます。

現在、横浜そごう美術館で「生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 〜ムーミンと生きる〜 」が開催されていますが、見学をきっかけに本日はその主人公トーベ・ヤンソンについて少し書きたいと思います。

Tove Janssonはカタカナで「トーベ・ヤンソン」と書くのが一般的ですが、「トーヴェ・ヤンッソン」と書いたほうが本来の発音に近いので、以降トーヴェ・ヤンッソンと書かせていただきます。

a0071240_09460170.jpg

トーヴェ・ヤンッソンは日本ではムーミン、そして特に可愛いグッズで知られていて、フィンランドでもどちらかというと「ムーミン」というレッテルが貼られています。

しかし、だからこそ今年生誕100周年は彼女についてもっと知るきっかけであると思っています。

まず、ムーミンは、アニメから始まった訳ではなく、イギリスの新聞「イブニング・ニューズ」の漫画『ムーミントロール』で始まりました。1954年のことで、20年に渡り漫画を連載していました。
※11月22日編集:※トーべは1947年-1948年、ムーミンを元恋人アートス・ヴィルタネンの「Ny Tid」誌にプレゼントとして連載しました。

ムーミンの誕生の時期というのは、第二次世界大戦という暗い時代でした。ヤンッゾンにとって、「ムーミン」は世相からの逃避でもあり、その執筆が癒しになっていたそうです。

ところが、トーヴェ・ヤンッソンの作品はムーミンはごく一部です。彼女の才能はとても多彩で、画家、挿絵画家、政治風刺画家、作家としても活躍していました。

ヤンッソンご本人にとって、「ムーミン」の作家ではなく、画家であることが最も重要で、本来ならばそれだけに集中したかったようです。しかし世界中有名になっらのは「ムーミン」で、ムーミンと付き合わざるを得なかったです。イギリスの新聞の連載を辞める手紙にも「ムーミンと離婚します」とのような内容を書いていました。

ただ、ここで注意したいのは、トーヴェ・ヤンッソンは子供がとても好きで、手紙を送ってくれた小さなファンたち一人ひとりに手紙を丁寧に送り続けていたそうです。

ムーミンだけで知られるのはあまり嬉しくなかったとしても、子供に喜びを与えるという点で「ムーミン」の執筆にやりがいを感じていました。ムーミンの商品化やアニメを批判していた友人に対しても、「子供が喜べばそれでいいんだ」ときっぱり言い切ったそうです。

私はトーヴェ・ヤンッソンが物質主義(物質・金銭の充足を第一として、精神面を軽視する考え方)が嫌がったのを知っていましたが、グッズやアニメを徹底的に批判していた訳ではなかったようです。

トーヴェ・ヤンッソンはとても深い人物ですので、今後はまた別の観点から書きたいと思っています。本日はここまでです。

a0071240_09455520.jpg

[PR]
by mysuomi | 2014-11-03 10:46 | トーベ100周年 | Trackback | Comments(3)
トーベの島の冒険記!
皆さん、お久しぶりです!
マイスオミのヘンナです。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
最近フィンランドへ旅行中の方で、驚いている方が多いかと思います。
それはなぜかというと、フィンランドは7月上旬から異常に暑くなっていて、気温が25℃~30℃の日々がずっと続いています。

しかし、7月に1日だけ雨の日がはっきり記憶に残っています。
それはマイスオミがトーベ・ヤンソン誕生100周年を記念に特別に開催した「トーベ・ヤンション群島ツアー」にガイドとして参加した7月15日です。^^
非常に楽しい一日だったので、ここでも少し報告します。
a0071240_2101215.jpg

朝はお客さんが揃ったらとバスでポルヴォ―という町へ移動し、ポルヴォ―でトーベ・ヤンソンがサマーコテージを置いていた島に関する展示会をチェック。
写真などを通して、島での暮らしはどれだけ大変かを具体的に実感できました。

次はミニバスでPellinki(ペッリンキ)諸島へ移動し、島に昔から住んでいる漁師の自宅で新鮮な魚を使ったサーモンスープと自家製のパンケーキなどをいただきました。
一番驚いたのは、私たちが車に乗ったまま車がフェリーに乗って、島へ移動したということです。

お腹がいっぱいになるまで食べて、その後は漁師さんの船でトーベ・ヤンソンのサマーコテージが今でも残っているKlovharu(クルーヴハル)島へ!
a0071240_2103757.jpg

ポルヴォ―専門のガイドによると、7月は強い風で、クルーヴハルへ行きたくても行けなかったお客様がたくさんいたようです。
7月15日は雨は降っていたのですが、風があまりなかったので、私たちはラッキーなことに行くことができました。^^

クルーヴハル島はなかなか行きづらいとは意識していましたが、現地に到着してからその大変さを具体的にわかりました。
港も桟橋も全くないこの島ですが、雨で濡れて滑りやすくなっている岩場をなんとか登り、島へ到着できました。70代後半までこの島で夏を過ごしていたトーベさんってすごいなと思いました。

島に着いてからはもちろんコテージの中を覗いてみました。
このコテージはトーベ・ヤンソンとそのパートナーのトゥーリッキ・ピエティラが30年程度毎夏泊まっていたという。
a0071240_213417.jpg

彼女たちの家具や持ち物がそのまま残っていて、インテリアはムーミンの話にも出てきそうな、素敵な雰囲気のものです。
a0071240_2135622.jpg

a0071240_2142983.jpg

a0071240_215397.jpg

外に置いてある洗い済みの食器もかわいいですね。
a0071240_2174778.jpg

このトーベかトゥーリッキの手作りのキャンドル入れって、ニョロニョロに似ていませんか?笑
a0071240_2172818.jpg

このコテージには、トーベとトゥーリッキの隠し物がどこかに隠されてあるという噂を聞きましたが、その宝物は今まで誰も見つけていないそうです。何が隠されているか気になりますね。

しばらくコテージと島を見学した後はなんとか無事船に乗って、
なかなか行くチャンスがないというクルーヴハル島へ皆さんと行けて本当によかったです!
一生の思い出になります。

ムーミンの小説を読み直そうかな、そろそろ。笑
[PR]
by mysuomi | 2014-08-08 16:43 | トーベ100周年 | Trackback | Comments(0)
ムーミン・クッキー
モイ!

マイスオミのラウラです。

2014年「トーベ・ヤンソンさんの生誕100年」を記念したクッキーが登場!

a0071240_00550392.jpg


5月から販売されていますが、やっと手に入れることができました。クッキー瓶は郵便で少しダメージを受けましたが、写真でもあまり気づかないような程度でよかったです。

クッキー瓶を欲しかった理由は中にあるクッキーじゃなくて瓶ですが、予想通りの可愛さで早速キッチンに飾りました。ムーミングッズはとてもカラフルなものが多いですが、インテリアを考えるとこういう落ちづいた色のほうが合わせやすいと思います。

クッキーについて一言を言うと、かなり普通のプレーン味のクッキーで、普通に美味しい。感動するようなお味を期待する人はがっかりするかもしれません。

しかし先ほど書いた通り、瓶が可愛いので、「普通に美味しい」のでも大満足です。

そして、2014年限定というのも重要ですね。

クッキー瓶は今年限定の記念品ですので、100周年記念のロゴマークがついています。

a0071240_00550792.jpg

フィンランドは「~限定」、例えば「ヘルシンキ限定」「7月限定」などはかなり少ないので、ムーミンのこうした限定品は集めたくなりますね。

今までゲットしたのはタオル切手やマグカップですが、今年はまだ半分残っていますので、コレクションを増やしたいなと思います!

[PR]
by mysuomi | 2014-07-13 10:13 | トーベ100周年 | Trackback | Comments(0)
ムーミンマグカップの展示会がオープン!
モイ!
マイスオミのヘンナです。

最近ご無沙汰しています。

ご存じの方も多いのでしょうが、ヘルシンキは今年トーベ・ヤンソン誕生100周年を祝うイベントがあちこち催行されます。

先日、そんな記念展示会の一つがヘルシンキのアラビ地区のアラビア・センターでオープンしました。
それは、フィンランド一有名な食器メーカーのアラビア(Arabia)社が開催中のムーミン・マグカップの展示会、「Mugs with a story to tell – Moomins」です。
a0071240_23462084.jpg

a0071240_2346435.jpg

この展示会では1950年代から現在に至るまで、アラビア社が作ってきたムーミンのマグカップとそのオリジナルなイラストが揃っています。
カラフルでかわいくて、ムーミン好きな方には必見です。
a0071240_23514067.jpg

数個しか製造されていない、珍しいマグカップなども展示されているので、コレクターの方にも興味深いと思います。
例えば以下の写真に写っているマグカップはお菓子メーカーのファッツェル(Fazer)に特別に作られたオリジナル・デザインです。
こちらのマグカップは400個だけ製造され、ネットオークションで検索してみたら値段が4000ユーロ程度で変動しています。コレクターの方って、すごいですね!
a0071240_2347080.jpg


壁には小さなお客様による作品も貼ってありました。笑
a0071240_235228.jpg


【展示会の詳細】

会場: Hämeentie 135 A, Helsinki(アラビア・センター9階のギャラリー)
開催期間: 2014年6月5日~8月31日 
営業時間: 火~金曜日 12~18時、土~日曜日 10~16時 
※入場無料
[PR]
by mysuomi | 2014-06-23 23:52 | トーベ100周年 | Trackback | Comments(0)
ムーミンキャラクター診断
モイ!

マイスオミのラウラです。

一人旅が好きだし、自由と音楽も好きですので、スナフキンに少し憧れています。しかし、孤独はあまり得意ではなく、スナフキンより性格が明るい気がします。一方、ムーミンママの暖かさや気配りや料理上手もとっても素敵だと思います。

ヘルシンキのアテネウム美術館で現在開催中のトーベ・ヤンソン100周年記念展覧会を紹介するサイトには、ムーミンキャラクター診断が掲載されていますが、質問に答えると自分に近いムーミンのキャラクターが分かります。もし、ムーミン谷に住んでいたら、いったいどんなキャラクターになるのでしょうか?



a0071240_09513710.jpg

私は結局スナフキンでもなくムーミンママでもなく、ムーミントロールに似ているという診断が出ました。説明によると、

「あなたは、いつも陽気で、目に触れたものに対して何にでも興味を持ちます。友達といっしょにいることが特に好きです。あなたは好奇心が強く勇敢で、怖がらずに未知のものを理解しようとします。そんなあなたが嫌いなのは一人ぼっちになることです。」

まるで自分で書いたかのように合っていますので、本当に驚いています。

皆様も是非自分に似ているキャラクターを調べてみてください!

アクセスはこちらから→ 「テストを始める

[PR]
by mysuomi | 2014-06-02 10:06 | トーベ100周年 | Trackback | Comments(0)
ヘルシンキ中心のトーベ・ヤンッソン
モイ!
マイスオミのヤンニカです。

今年はムーミンの作者であるトーベの生誕100周年を迎えています。
先日、Tove Jansson「トーベ・ヤンソン」について新しいことを発見しましたので、ご紹介したいと思います。

それはなんと、トーベを基にした銅像がヘルシンキの中心部に位置するということでした!
しかも服をまとっていません。

場所はマーケット広場の近くで、メーデーに注目を浴びたHavis Amanda「ハヴィス・アマンダ像」に近く、Kappeli「カッペリ」カフェの前にあります。
a0071240_17521364.jpg


話によりますと、1940年頃、トーベの父親のViktor Jansson「ヴィクトル・ヤンソン」がエスプラナーディ公園に2つの噴水像を創っていた時、娘のトーベを女性のモデルにしたということがあったようです。
そうして、トーベが1つの像のモデルとなり、ヴィくトル氏の噴水像ができ上がりました。

そして二つの噴水像が完成しました:Aallottaria「アーッロッタリア」 Hei vaan「ヘイ・ヴァーン」。名前を日本語に訳します、「波の女性達」と「またね」です。

この2つの像(3人)の中でトーベをモデルとした像は、一番大きくて女性らしいカタチをしています。

マイスオミのトーベムーミンに関するツアーは是非ホームページからもご覧ください!
[PR]
by mysuomi | 2014-05-08 13:59 | トーベ100周年 | Trackback | Comments(0)
新ツアーのお知らせ:トーベ&島
モイ!
マイスオミのヤンニカです。

ムーミン作者のトーベの小島とその周辺が気になるけれど、いつ、どうやって行けるのかと悩んでいる方に朗報です。

トーベが気に入った群島周辺、そしてトーベの小島、クルーヴハル島、を巡るツアーへの申し込みを開始しました!

a0071240_18474018.png


催行日程は7月15日(火)、8月5日(火)のみです。

参加人数には9人までの限りがありますので、お申し込みはお早めに!

ツアーの詳細はマイスオミのホームページでご確認ください。

トーベの島とは?と考える方には、是非トーベの島に関するマイスオミのハンナの小さな話がおススメです。

プライベートツアーで島を訪問したい方は、直接マイスオミのメール info@mysuomi.fi までご連絡ください。
[PR]
by mysuomi | 2014-05-06 17:20 | トーベ100周年 | Trackback | Comments(0)
ムーミンTシャツ
モイ!

マイスオミのラウラです。

昨日はヨガで使えるTシャツを求めて、久々にユ二クロへ立ち寄りました。

入口から入ったとたん目にしたのは、スウェーデンの陶芸デザイナー、Lisa Larson(リサ・ラーソン)さんのコラボ商品!何週間か前から売っているようで、既に完売されているものもありますが、可愛いTシャツやルームウェアはまだいっぱい残っていて、買おうか買わないかずっと迷っていました。

結局は何も買わないで帰りましたが、5月下旬になったら、またユニクロへ行って、Tシャツを買おうと思います。


a0071240_15593866.jpg

どんなTシャツなのかは今から楽しみですが、ムーミンのことですから、きっとものすごく可愛いでしょう。

トーべ・ヤンソン100周年記念コラボはフィンランドではFinlayson(フィンレイソン) やFazer(ファッツェル)、日本ではアフタヌーンティーやユニクロといった有名な店から次々と発売されるなんて、本当にうれしいですね。

財布と相談しながら一番ほしいものだけ購入しないと、来月は恐ろしいクレジットカード明細書が届きます...


[PR]
by mysuomi | 2014-04-28 16:15 | トーベ100周年 | Trackback | Comments(0)
100周年記念ムーミン・グッズ
モイ!

マイスオミのラウラです。

今年は『ムーミン』の作家であるトーベ・ヤンソンの生誕100周年を記念して、各地でトーベ・ヤンソンの特別イベントが年間を通して開催されます。

フィンランドではヘンナがこの間見てきた フィンランド国立美術館「アテネウム」のトーベ・ヤンソン100周年特別美術展が開催されています。

日本でも4月16日~5月6日まで銀座松屋にて「MOOMIN!ムーミン展」 が開かれます。こちらの展覧会は今後、米子、札幌、広島、米沢、大阪、宮崎、岡山、名古屋など日本全国各地を巡回予定です。

また「アテネウム」の展覧会は2014年10月に日本に上陸します

私は残念ながら展覧会はまだ見ていませんが、「形から入る」タイプ(?)なので、グッズだけは買いました(笑)

a0071240_23412050.jpg
a0071240_23412691.jpg

フィンランドを代表する老舗のテキスタイルメーカー「Finlayson」(フィンレイソン)のムーミンタオル。

前からムーミンのフェイスタオルを何枚か持っていて、朝晩使っていますが、期間限定のタオルも買わずにはいられなかったです。

ただ記念品だけに使うのはもったいない!

友達に同じタオルをお土産に買ったら、彼女はなんとタオルを額に入れて飾ったんだそうです!

a0071240_23411571.jpg
まあ、いつかはこの記念タオルを使い始めないと逆にタオルに失礼だという気がします。でも記念のタグは絶対に大事にとっておきます!

[PR]
by mysuomi | 2014-04-14 20:20 | トーベ100周年 | Trackback | Comments(0)
トーベ・ヤンソン展示会行ってきました!
モイ!
マイスオミのヘンナです。

今日、ずっと楽しみにしていたところへやっと行ってきました。
フィンランド国立美術館「アテネウム」で先週の金曜日にオープンしたばかりのトーベ・ヤンソン(Tove Jansson)100周年記念展示会です。^^
a0071240_0282100.jpg

せっかくなので、トーベ・ヤンソンのポスターと一緒に写真を撮っちゃいました。笑
a0071240_1105771.jpg

朝から人が並んでいて、幼稚園の団体もあれば、社会人も大勢いました。
やはりトーベ・ヤンソンは年齢を問わずフィンランド人に人気ですね。
a0071240_0295412.jpg

a0071240_181867.jpg

展示会の中は撮影禁止なので展示物の写真は残念ながら取れなかったのですが、ヤンソンが子供のごろ描いた絵から生涯を通して数多くの作品が展示されています。
ムーミンのイラストや漫画だけでなく、彼女の他の作品も幅広く揃っています。

もちろん、ムーミンのグッズも販売されています。
a0071240_17294.jpg

ほとんどのフィンランドの子供と同じく、ヤンソンによるムーミン小説を読んだり、ムーミンのアニメを見たりして育ってきた私ですが、やはりこの展示会を通してトーベ・ヤンソンが作ったムーミンの世界への愛情を改めて実感しました。

展示会は9月までなので、これからフィンランドへお越しの方は是非!

場所: フィンランド国立博物館アテネウム(Ateneum)
住所: Kaivokatu 2, 00100 HELSINKI
開館時間:月 定休日 |  火・金 10-18  |  水・木 9-20  |  土・日 10-17 |



ちなみに、マイスオミではGWスペシャルのツアーの一つとして、「トーベ・ヤンソン・ツアー」を再開するので、是非見てみてください!
[PR]
by mysuomi | 2014-03-19 00:50 | トーベ100周年 | Trackback | Comments(0)