フィンランド・デザイン
by mysuomi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
MY SUOMI INFO
マイスオミ株式会社
ヘルシンキを拠点に、
フィンランドのデザインや建 築・ライフスタイルに興味をお持ちの皆様へ日本語のガイドツアー、その他様々なサービスをご提供する会社です。
www.mysuomi.fi



カテゴリ
デザイン
建築
ライフスタイル
ヘルシンキ
文化
教育
グルメ
プロダクト
質問
北欧
イベント
MY SUOMI NEWS!
お知らせ
クリスマスカレンダー2013
トーベ100周年
役立つ情報
My Suomi Team
以前の記事
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
more...
最新のコメント
突然のコメント失礼します..
by ふみ at 23:14
フィンランド語が世界で一..
by わし at 04:46
レフティだろ
by おれ at 04:40
突然すみません。 TB..
by ヒガシガワ at 19:15
moncler pas ..
by pirate bla at 06:47
Most http://..
by iaayidub at 13:25
Nach meiner ..
by eaglesEr at 02:38
They search ..
by human hair at 01:23
louboutin wo..
by christian at 20:26
A http://cia..
by ovkhabomiwut at 07:06
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:グルメ( 66 )
サマーハウスで夏至祭
モイ!お久しぶりです!
マイスオミのヘンナです。

フィンランドは今年の夏、天気に恵まれていて、晴れの日が多いです。
外でピクニックをしたり、泳いだり、太陽の日光を浴びたり…とにかく今ならではの暖かい季節を楽しんだりしている人をよく見かけます。

夏至祭のテーマに戻りますので、ちょっと前の話になります。
ラウラは以前日本で行われた北欧風の夏至祭について紹介しましたが、今回は伝統的なフィンランドの夏至祭の過ごし方を紹介したいと思います。

夏至祭になると、フィンランド人のほとんどがmökki(モッキ:サマーハウス、別荘)へ行って、自然に囲まれた田舎で何日間リラックスした夏の日々を過ごします。このため、町から人がいなくなり、街並みはしーんとした雰囲気になります。

私も家族と友達と一緒にサマーハウスへ行って、典型的なフィンランドの夏至祭を過ごしました。
a0071240_20214234.jpg

a0071240_2022151.jpg

さて、サマーハウスではいったい何をするのでしょう?
まずは、食べることです。
バーベキューをすることが一般的で、例えばソーセージやお肉、野菜などを焼きます。
そして、フィンランドの夏に欠かせないのは、新じゃが。バターを付けて食べると、たまらないぐらい美味しいですよ。^^

今回食べたのは、焼きサーモン、新じゃが、サラダ、ステーキ、チリのベーコン巻、ハルーミチーズなど。
a0071240_20294523.jpg

a0071240_20301951.jpg

そしてデザートにはベリーをたっぷり載せたパイとバニラアイス。
a0071240_20303577.jpg

食べた後少し休んでからはモッキの定番、サウナへ!
夏なら、白樺の枝を集めて、vihta(ヴィヒタ)かvasta(ヴァスタ)と呼ばれるものを作ります。(地域によっては呼び方は違いますが、意味は一緒です。)
この枝の塊でサウナで温めた体を叩いて、新鮮な葉っぱの香りを吸ってリラックスします。
a0071240_20234661.jpg


フィンランドの夏は、日没が遅くて、なかなか暗くなりませんが、日が沈んだらkokko(コッコ)と呼ばれる、大きな焚き火を燃やす人が多いです。
私たちもやっちゃいました。こんな感じでした。♪
a0071240_20363980.jpg


3日連続でこんなゆったりした生活をして、元気をもらいました。
読んでくださっている皆さん、夏をどのように過ごしているのでしょうか。
是非ともお聞かせください。^^
[PR]
by mysuomi | 2013-07-17 20:41 | グルメ | Trackback | Comments(1)
7月生まれは「イチゴ」が欠かせない
モイ!
マイスオミのラウラです。

日本の場合は、「いちごのショートケーキ」と言われると、クリスマスケーキをイメージする方が多いかと思います。

フィンランドはクリスマスにケーキを食べる習慣がないし、いちごの旬が7月となっていますので、「いちごのショートケーキ」もどちらかと言うと、7月らしいスイーツです。

また、7月生まれの誕生日にはいちごのショートケーキが欠かせません。

それでこの間誕生日を迎えた私もやっぱり「いちご」にお決まり!

a0071240_2158399.jpg


a0071240_21582220.jpg


写真のパフェですが、本当はチョコ系にする予定でした。しかし、一緒にいた友達(フィンランド人)に、「7月生まれだから、いちごパフェじゃないと変だよね」と言われ、こちらの「スペシャル苺パフェ」を注文することにしました。

やっぱり正解でした!
[PR]
by mysuomi | 2013-07-15 20:45 | グルメ | Trackback | Comments(4)
世界一まずい飴
モイ!
マイスオミのラウラです。

先日友達(日本人)がメールをしてきて、「面白い動画見つけたから見てみて!」と。

リンクを開けたら、フィンランドの有名なお菓子メーカー「Fazer(ファッツェル)」のCMが流れ始めましたが。しかし、私の好きなチョコレートではなく、「Salmiakki(サルミアッキ)」というかなり特殊な味のする飴、正確に言えば、サルミアッキ味のアイスクリームのCMでした。

「世界中の人から一番まずいとされている飴が、実はフィンランド人の一番好きな飴だった」



このCMでは「世界一まずい飴」というサルミアッキの新発売アイスを、まずは外国人、その後はフィンランド人に食べてもらいます。外国人の方は全員「食べれない!」とコメントしていますが、フィンランド人は「美味しくてたまらない」と美味しく食べています。

フィンランド人はサルミアッキが好きというのは冗談ではありません。飴を食べることが一般的ですが、ガム、アイス、お酒などもあります。

そして、フィンランド人が好きだと言っても、フィンランド人の私はサルミアッキを口に入れることは絶対にありません。薬よりもまずくて…

食欲をなくしたい時はいいかもしれませんね!^^


追伸:この記事のジャンルを「グルメ」にするには、多少違和感がありました…
[PR]
by mysuomi | 2013-07-08 18:51 | グルメ | Trackback | Comments(4)
おいしいもの
お久しぶりです!
マイスオミのヘンナです。

今日はお気に入りのものを2つ紹介したいと思います。

私はラウラと同じく甘党で、美味しいカフェやパン屋さんなどを巡るのが好きです。
この間は、仕事のあと友達とカフェに行って、これを食べました:
a0071240_0121493.jpg

でかーーーいプッラ(pulla、菓子パン)です!
その大きさをより具体的にわかるように、プッラのそばにクレジットカードを置いて写真を撮りました。
こういったボリュームのあるプッラが食べられるのは、エスプラナディ通りにあるCafe Esplanad(カフェ・エスプラナッド)です。

甘い物を食べたくなりましたら、ここがお勧めです!
しかし、一人ではなかなか食べきれないかと思いますので、お友達と行って分けて食べた方がいいかと思います。笑

そして、もう一つお勧めです。
a0071240_0164643.jpg

今の季節の中、のどが渇きますので、ソフトドリンクかお酒の入ったサイダーをたまに飲んでいます。
最近ハマっているのは、Laitilan Wirvoitusjuomatehdas(ライティラン・ヴィルヴォイトゥスユオマテヘダス)というメーカーです。

昔ながらの雰囲気をポイントとする、ソフトドリンクを始め、アルコールの入っている飲み物も造っている会社です。全部新鮮なフルーツの味がしていて、夏っぽい味がします。

見た目もかわいいでしょう?なんだかレトロな感じで、つい買ってしまいます…

フィンランドにいらっしゃるときには、是非試してみてください!
[PR]
by mysuomi | 2013-07-02 00:21 | グルメ | Trackback | Comments(3)
フィンランドの食生活
※6月18日に少し書き足しました。

モイ!
マイスオミのラウラです。

友達と食べ物の話や最近のグルメ情報交換をすることが多いです。

食べることというのは、世界中の人々の人生に欠かせない、みんながある程度興味を持つ話題の一つですので、留学生としてはかなり話しやすい話題でもあります。旅先で出会った現地の人々と会話する時にも大変助かる話題かと思います。

食べ物の話になると、フィンランドの食生活について聞かれることもありますが、よく出る話題が「主食」です。

「フィンランドの主食は何ですか?」と。

しかし、この質問は非常に困ります。

「主食」に当たるものは、今のフィンランド人の食生活に存在しないからです。

つまり、食事に対する考え方は、日本の「主食+副食/おかず」とは異なるということです。

以下のいわゆる「プレート・モデル」を見ると、フィンランド人の考え方がわかると思います。

a0071240_942148.jpg



まず、メインですが、お皿の半分をサラダにして、1/4をタンパク質、残りの1/4は炭水化物にします。
これで足りない場合は、パンを追加します。そして、日によってはデザートを食べることがあります。

炭水化物はじゃがいも、パスタ、お米(白米、リゾットなど)、マッシュポテトなどが一般的です。

昔は「じゃがいもが主食」と言える程多く食べられていましたが、今の特に若い人はどちらかというとパスタや米を好みますので、日本で米の消費量が減少していると同じように、じゃがいもの消費量が減っている気がします。(炭水化物抜きダイエットもとても流行っています…)

ということで「主食はパン」ということはないのです。パンはどちらかと言うと朝ごはんやスナックに食べます。

スープランチを食べる時は、パンも一緒に食べることがとても一般的ですが、この場合にも、メインはパンではなく、スープですね。フィンランドのスープは具がたくさん入っていますので、「飲む」という動詞ではなく、「食べる」と言います。

a0071240_9422757.jpg


ここで紹介した「プレート・モデル」はフィンランド栄養評議会がお勧めする理想的な食べ方ですので、みんなが必ず守るわけではありません。でもフィンランド人の食事に対する考え方を説明するのには便利かと思います。

余談ですが、小さい頃は好き嫌いが本当に多くて、タンパク質の割合も、サラダの割合もとても小さかったと思います。実は、グルメ大国日本に留学したことが、好き嫌い特効薬になりました!

西洋は「主食はパン」というイメージが根強いと思いますが、先ほど紹介した「プレート・モデル」が嘘ではないことを証明するように、ヘンナがこの間アップした写真を載せちゃいます。

a0071240_11414065.jpg


なんて規則正しい食べ方!

甘い物が主食な私も見習わなければ。ちなみに、昨日の昼食がパンケーキでした(笑)




※写真はフィンランド栄養評議会のウェブサイトからお借りしています。
[PR]
by mysuomi | 2013-06-17 09:42 | グルメ | Trackback | Comments(8)
豆豆豆
モイ!
マイスオミのラウラです。

札幌では日曜日まで「YOSAKOIソーラン祭り」が行われました。

「花より団子」の諺通り、祭りのメインという踊りではなく、食べ物についてコメントしたいと思います。

ごく普通の日本の祭りの風景:
a0071240_23264849.jpg


ごく普通のフィンランドの夏市場の風景:
a0071240_23255579.jpg


さて、その共通点は?

「豆」

日本人が枝豆を食べる感覚で、フィンランドでは夏に新鮮で甘いHerne(ヘルネ)が食べられています。

スーパーで買ってもいいのですが、マーケット広場など外で行われる市場で買ったほうが雰囲気も良くておいしいです。

夏のおやつはHerneに決定!
(フィンランドにいたらね...)
[PR]
by mysuomi | 2013-06-10 21:11 | グルメ | Trackback | Comments(2)
Hotel Kämpのブランチ
モイ!
マイスオミのヘンナです。

フィンランドはこの一週間晴れていて、気温が20を越える日々が続いています。
ヘルシンキでは今、日の出が朝の4時ごろで、太陽が沈むのが22時半ぐらいで、白夜の季節になっています。
町を歩いていると、笑顔の人をたくさん見かけます。やっぱり光って人々を元気にしてくれる存在ですね。

そんな夏らしいヘルシンキで、私がずっと行ってみたかった高級ホテルKämp(カンプ)のブランチへやっと行きました。
マイスオミのラウラも一年前行ってきましたので、その時の記事を読みたい方はこちらをクリック!

ヘルシンキで最も品格の高いホテルで、もちろんブランチもレベルが高いです。
メニューは、ミシュラン星を持っている一流シェフのSauli Kemppainen(サウリ・ケンッパイネン)が考えたものです。
a0071240_4391568.jpg

温菜や冷菜にチーズ、デザートや果物など、おいしいものがたくさん揃っています。
自家製のジュースもいくつかの種類があって、例えばクランベリーとミントといった、新鮮なコンビもありました。

甘いものが大好きな私にとっては、デザートが一番おいしかったです。^^
マカロンを始め、イチゴのムースやタール(乾留液)の味をしたシロップがかけられたパンケーキなどがあって、満足できました。
タール(フィンランド語でterva、テルヴァ)という味は、世界一まずい飴とも言われるsalmiakki(サルミアッキ)と同じく、フィンランド人が大好きな、ちょっと変わった味です。
a0071240_440545.jpg

ホテルカンプのブランチは、エスプラナディ公園から入る「 Brasserie Kämp」の中にあって、日曜日12.00〜14.00の間で開かれますので、グルメが好きな方、ヘルシンキにいらっしゃったら行ってみてはいかがでしょうか?

ホテルカンプのブランチは、事前予約が必要ですので、ご注意ください。
マイスオミではレストラン予約手配も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
[PR]
by mysuomi | 2013-06-03 04:42 | グルメ | Trackback | Comments(0)
フィンランドの味
モイ!
マイスオミのラウラです。

大好きなカフェ巡りは札幌に来てからも毎週の如く続けています。
北海道はスイーツがとっても美味しく大満足ですが、
そろそろフィンランド味も恋しくなってきました。

そこで、同じくスイーツで有名な神戸にある
「ヘルシンキ・ベーカリー」に行ってきました!

a0071240_131412.jpg


開店を狙って行きました、焼き立てパンやシナモンロールの
香ばしい香りが漂ってきて…うう、思い出すとお腹空きます。

店内が白樺やお花で飾られて、まるでフィンランドの森のようでした。

a0071240_1315470.jpg


a0071240_1324250.jpg


本来ならまずカフェで食べてからベーカリーでお土産を買うところですが、
ヘルシンキ・ベーカリーの「シナモンキューブ」は絶対ほしかったので、
先に買っておきました。

a0071240_132622.jpg


カフェのメニューには、パンケーキやカフェごはん的なものもありましたが、
フィンランドの味が食べたかったので、有名な「シナモンキューブ」の
ベリー味、そしてトゥルニ(Tyrni)というラップランドのベリーで作った
ヨーグルトドリンクをチョイス。

a0071240_132299.jpg


シナモンの味とベリーの味がたまらなくて、本当はもっと食べたかったですが(笑)

お店おすすめの食べ方は「レンジで温めて食べる」だそうですが、
私はシナモンロールでも少し冷えてからのほうが味がしっかりして好きなので、
そのまま食べました。

そして、ヨーグルトはトゥルニだけではなくて、ブルーベリーやイチゴなども入って、
さっぱりしていて、とっても美味しかった!

日本はサービス社会で有名ですが、ヘルシンキ・ベーカリーのサービスにも
感動しました。

前置きで少し説明しますが、日本はパンが本当においしくて、種類も豊富ですが、
残念ながら納得行くライ麦パンは食べたことなかったです。

しかし、ヘルシンキ・ベーカリではフィンランド人だということで、
ライ麦パンの食べ比べをすることができました。

そしてなんと、全くフィンランドのライ麦パンと同じような
私にとって「本当のライ麦パン」を食べることができました!

美味しい!!
写真を撮り忘れるほど(笑)

ホームシックがしっかり解消されて、ほっとするフィンランドの味が
食べられて、幸せ。

神戸は日本の街でも特に好きな街の一つですので、また行きたいな。
「ヘルシンキ・ベーカリー」にもね!

a0071240_1335162.jpg

[PR]
by mysuomi | 2013-05-28 10:10 | グルメ | Trackback | Comments(3)
甘いものが主食
モイ!
マイスオミのラウラです。

今日は金曜日ですが、朝から甘いものが食べたくて食べたくてしょうがなかったです。

誘惑に負けたくなかったのですが、結局とっても甘いお昼ごはんをいただいちゃいました。

a0071240_1331652.jpg


至福の時!誘惑に負けてよかった!

皆様もどうぞスイートな週末をお過ごしください。
[PR]
by mysuomi | 2013-03-22 18:30 | グルメ | Trackback | Comments(1)
おすすめおやつ
モイ!
マイスオミのラウラです。

今日は朝から甘いものを無性に食べたくなるという症状で悩んでいます^^
ということで、小さい頃から好きなおやつを紹介したいと思います。

a0071240_22192337.jpg


こちらはヘルシンキから約1時間離れているポルヴォ―市の伝統的なお菓子メーカー「Brunberg」のお菓子です。「SUUKKO」(スーッコ)と言いますが、キスという意味です。由来はわかりませんが、キスしたくなるぐらい美味しいという意味でしょうか。

チョコレートコーティングの中に、ふわふわとしたクリームがたっぷり入っていますが、イチゴ味、バニラ味、モカ味など色々な味から選ばれます。私は小さい頃はイチゴが好きでしたが、最近はモカ味にしています。どの味にしてもかなり甘いので、コーヒーとの相性が抜群ですよ。

Brunbergのスーッコは1個でも箱入りでも買えますが、とても潰れやすいのでお土産には残念ながらおススメできません。

今度フィンランドのスーパーで見つけて買ってみてくださいね!
[PR]
by mysuomi | 2013-03-14 18:13 | グルメ | Trackback | Comments(4)