フィンランド・デザイン
by mysuomi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
MY SUOMI INFO
マイスオミ株式会社
ヘルシンキを拠点に、
フィンランドのデザインや建 築・ライフスタイルに興味をお持ちの皆様へ日本語のガイドツアー、その他様々なサービスをご提供する会社です。
www.mysuomi.fi



カテゴリ
デザイン
建築
ライフスタイル
ヘルシンキ
文化
教育
グルメ
プロダクト
質問
北欧
イベント
MY SUOMI NEWS!
お知らせ
クリスマスカレンダー2013
トーベ100周年
役立つ情報
My Suomi Team
以前の記事
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
more...
最新のコメント
フィンランド語が世界で一..
by わし at 04:46
レフティだろ
by おれ at 04:40
突然すみません。 TB..
by ヒガシガワ at 19:15
moncler pas ..
by pirate bla at 06:47
Most http://..
by iaayidub at 13:25
Nach meiner ..
by eaglesEr at 02:38
They search ..
by human hair at 01:23
louboutin wo..
by christian at 20:26
A http://cia..
by ovkhabomiwut at 07:06
louboutin wo..
by christian at 23:32
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
フィンランドの教育 ~小高校
モイ!

マイスオミのラウラです。

「教育」と「フィンランド」は深く結びついていて、
グーグル検索に「フィンランド」の入力を始めると検索候補の3番目に「教育」が表示されます。
(1番「旅行」2番「観光」)

そして、資源の少ないフィンランドにおいては、学校教育の推進と「人材」育成が欠かせません。
日フィン共通課題でもあると思います。

フィンランドの基礎学校を視察したいが、どこがいいかわからない方に、そして典型的なフィンランドの基礎学校を視察したい方に「学校視察(マイスオミベーシック)」を提供しています。

お問い合わせについては記事の最後に説明しています。

これまでは3回に分けて「フィンランド教育~その特徴は?」と題し、フィンランドの教育について書いてきました。

過去記事の一覧:

① 教育機会の平等

② 教員養成

③ 「考える力」を育つ

本日から教育現場という学校を小・中・高校に焦点を当て、教育内容や日常について少し述べたいと思います。

では、まず小学校についてです。

a0071240_13213850.jpg

(小学校の遠足。フィンランドらしく森と湖。)

まとめから書きますと、

小学校
・7歳~13歳まで
・少人数 一クラス18人~24人
・3年生から英語(ドイツ語、フランス語も)
・5年生から第二外国語
・部活はなく、放課後に習い事やスポーツクラブ

小学校入学は7歳が対象です。
親の判断で6歳も8歳でもかまいませんが、ほとんどの生徒は7歳で一年生になります。

新学期の時期は8月中旬、夏休みには6月の頭から入ります。
90年代の話ですが、私も新しい黄色ワンピースを着て、母や祖父と手をつないで、ドキドキしながら登校したな。懐かしいです。

クラスは少人数で、特に小学校1年生はそうです。

たとえば、一年のときは一年生のクラスが3つあって、3年から2つに合併するという工夫もされています。小学校1年はきわめて重要な1年ですので、生徒一人ひとりの将来のために少人数が重要視されています。

では、気になる英語教育ですが、3年生から英語の勉強を始めることが一般的です。

私は親が翻訳者ですが、小学校時代、英語教育の意味がわからず(いつ役に立つかという実感がわかず)、英語はとにかく苦手でした。でも、英語劇(教科書の話をみんなでセリフを発音しながら演じる)だけは好きでした。

第2外国語は5年生からです。

選択する生徒ももちろんたくさんいますが、ドイツ語やフランス語といったヨーロッパの言語が人気で、提供している学校も多いです。

私は5年生になってドイツ語の勉強を始めましたが、中学校に入ってそれをフランス語に変えました。
理由はいろいろありましたが、ドイツ語の翻訳者である父は何も言わなかったのですが、心の中ではがっかりしていたでしょう。ごめんなさいね。

最後に「部活」についてですが、一言でいうと、部活という活動はないです。

放課後にサッカークラブ、ダンススクール、ピアノ教室…に通います。

私は器械体操、陸上、絵画教室、ピアノ教室、色々な趣味を経て、結局ピアノとジャズダンスにたどり着き、高校・大学まで続けました。

男の子はサッカーが人気で、女の子はダンススクールといった感じでしょうか。
ピアノなど楽器を弾く子も多く、ボーイ・ガールスカウト活動に参加していた友達もいました。

以上、小学校についてです。

次回は中学校の話に入りたいと思いますが、ご質問・コメントのある方はぜひコメント欄をご利用ください!


ブログを呼んだだけでは、フィンランドの教育は実感がわかないのかもしれません。
フィンランドの教育施設を視察されたい方を対象に「学校視察」ツアーを実施しております。

ご興味のある方はお問い合わせ、もしくわご予約くださいませ。
お問い合わせだけでもかまいません。日本語で対応いたします。

お問い合わせ先
マイスオミ (My Suomi)
電話 +358 45 1111 033
メール info@mysuomi.fi
(日本語)
[PR]
by mysuomi | 2014-11-08 12:26 | 教育 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mysuomi.exblog.jp/tb/20361111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヘルシンキでイギリス風アフタヌ... [11月6日] 一週間の天気 >>