フィンランド・デザイン
by mysuomi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
MY SUOMI INFO
マイスオミ株式会社
ヘルシンキを拠点に、
フィンランドのデザインや建 築・ライフスタイルに興味をお持ちの皆様へ日本語のガイドツアー、その他様々なサービスをご提供する会社です。
www.mysuomi.fi



カテゴリ
デザイン
建築
ライフスタイル
ヘルシンキ
文化
教育
グルメ
プロダクト
質問
北欧
イベント
MY SUOMI NEWS!
お知らせ
クリスマスカレンダー2013
トーベ100周年
役立つ情報
My Suomi Team
以前の記事
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
more...
最新のコメント
フィンランド語が世界で一..
by わし at 04:46
レフティだろ
by おれ at 04:40
突然すみません。 TB..
by ヒガシガワ at 19:15
moncler pas ..
by pirate bla at 06:47
Most http://..
by iaayidub at 13:25
Nach meiner ..
by eaglesEr at 02:38
They search ..
by human hair at 01:23
louboutin wo..
by christian at 20:26
A http://cia..
by ovkhabomiwut at 07:06
louboutin wo..
by christian at 23:32
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
フィンランドの食生活
※6月18日に少し書き足しました。

モイ!
マイスオミのラウラです。

友達と食べ物の話や最近のグルメ情報交換をすることが多いです。

食べることというのは、世界中の人々の人生に欠かせない、みんながある程度興味を持つ話題の一つですので、留学生としてはかなり話しやすい話題でもあります。旅先で出会った現地の人々と会話する時にも大変助かる話題かと思います。

食べ物の話になると、フィンランドの食生活について聞かれることもありますが、よく出る話題が「主食」です。

「フィンランドの主食は何ですか?」と。

しかし、この質問は非常に困ります。

「主食」に当たるものは、今のフィンランド人の食生活に存在しないからです。

つまり、食事に対する考え方は、日本の「主食+副食/おかず」とは異なるということです。

以下のいわゆる「プレート・モデル」を見ると、フィンランド人の考え方がわかると思います。

a0071240_942148.jpg



まず、メインですが、お皿の半分をサラダにして、1/4をタンパク質、残りの1/4は炭水化物にします。
これで足りない場合は、パンを追加します。そして、日によってはデザートを食べることがあります。

炭水化物はじゃがいも、パスタ、お米(白米、リゾットなど)、マッシュポテトなどが一般的です。

昔は「じゃがいもが主食」と言える程多く食べられていましたが、今の特に若い人はどちらかというとパスタや米を好みますので、日本で米の消費量が減少していると同じように、じゃがいもの消費量が減っている気がします。(炭水化物抜きダイエットもとても流行っています…)

ということで「主食はパン」ということはないのです。パンはどちらかと言うと朝ごはんやスナックに食べます。

スープランチを食べる時は、パンも一緒に食べることがとても一般的ですが、この場合にも、メインはパンではなく、スープですね。フィンランドのスープは具がたくさん入っていますので、「飲む」という動詞ではなく、「食べる」と言います。

a0071240_9422757.jpg


ここで紹介した「プレート・モデル」はフィンランド栄養評議会がお勧めする理想的な食べ方ですので、みんなが必ず守るわけではありません。でもフィンランド人の食事に対する考え方を説明するのには便利かと思います。

余談ですが、小さい頃は好き嫌いが本当に多くて、タンパク質の割合も、サラダの割合もとても小さかったと思います。実は、グルメ大国日本に留学したことが、好き嫌い特効薬になりました!

西洋は「主食はパン」というイメージが根強いと思いますが、先ほど紹介した「プレート・モデル」が嘘ではないことを証明するように、ヘンナがこの間アップした写真を載せちゃいます。

a0071240_11414065.jpg


なんて規則正しい食べ方!

甘い物が主食な私も見習わなければ。ちなみに、昨日の昼食がパンケーキでした(笑)




※写真はフィンランド栄養評議会のウェブサイトからお借りしています。
[PR]
by mysuomi | 2013-06-17 09:42 | グルメ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://mysuomi.exblog.jp/tb/17958052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chiemi at 2013-06-18 01:11 x
昨日も「オーランド諸島の黒いパン」を作ったフィンランドパンのファンです☆

「パンはどちらかと言うと朝ごはんやスナックに食べます。」というのが、日本と同じかも!?

日本語の「主食」というのは量が一番多いものというより、炭水化物を指すと思うのですが、そう考えるとじゃがいもが主食? でもヘルシンキでストックマンのパン売り場の広さ、種類の多さをみて、‘パンの国だ!と感動しましたよ。

Commented by mysuomi at 2013-06-18 13:46
chiemi様:コメント、そしてじゃがいもについてのご指摘をありがとうございました。
説明が不十分だということに気づき、少し書き加えましたので、よかったらご覧ください。

フィンランドはパンの種類が多く、日本に比較すれば、ライ麦パンの割合が多いことと、硬いパンが多いことが特徴敵でしょうか。あとシナモンやカルダモンなど調味料も一般的です。逆に揚げパン、カレー、クリーム、あんぱんなど色々入っているパンが少ない気がします。

この間札幌で料理教室に参加しましたが、日本のパンの柔らかさの秘密がやっとわかりました!なかなか感動的でした^^
Commented by chiemi at 2013-06-18 23:20 x
ラウラさん、付け加えありがとう。お米が人気なんですか!? カレリアピーラッカは私も大好きですよ。ライ麦とミルク粥のコントラストが最高です。日本には焼きそばパンはあるけれど、お米を具にしたパンは聞かないですから!
今週20日からは紀ノ国屋スーパーで北欧フェアが始まり、カレリアンピーラッカが限定販売されますね。

日本のパンの柔らかさの秘密、何を感じましたか?
Commented by mysuomi at 2013-06-19 11:25
chiemi様:コメントをありがとうございました。
お米はかなりポピュラーですね。実家ではなぜかチキンと一緒に食べることが多い気がします^^ピーマンの肉詰めと似たような感じでパプリカに入れてオーブン焼きをしたり、混ぜご飯にしたりもします。

「Karjalanpiirakka」を聞いたとたんものすごく食べたくなりました!その紀伊国屋の北欧フェア、素晴らしい企画ですね。最近は北欧フェアがとても多い気がしますが、気のせいでしょうか?

あと、パンの柔らかさの秘密ですが、多分捏ね方だと思います。
Commented by chiemi at 2013-06-20 23:07 x
ラウラさん、お米→粒粒したテクスチャー→フィンランドのパン、似たところを感じてわくわくします。ラウラさんにも私の焼いたフィンランドパンを食べていただけたらな~。日本のパンの柔らかさは、フィンランドのとは、こね方が違うのですね。確かに日本のはしっかりたっぷりこねますね。北欧フェアは最近確かによく目にしますね。
Commented by mysuomi at 2013-06-22 08:25
chiemi様:Hyvää Juhannusta!(良い夏至祭を!)今日はフィンランド人にとって、とても大切は祝日ですが、友達や親せきを呼んでホームパーティーをする人が多く、フィンランドパンが出る確率も高いと思います^^スモークサーモンをのせて食べたりね。
chiemi様のパン、食べてみたいですね!
Commented by chiemi at 2013-06-26 11:59 x
ラウラさん、ありがとう。
夏至祭の日は、東京はあいにくの空でしたが、ラウラさんは楽しく過ごしたようでよかったです!
Juhannustaは、キリスト教の聖ヨハネのことですかね。
いつかチャンスがあったらぜひパンをお持ちしますね~♪
Commented by mysuomi at 2013-06-26 19:02
chiemi様:いつもコメントをありがとうございます!

「Juhannus」は夏至祭という意味ですが、その言葉はおっしゃる通り聖ヨハネに由来します。

chiemi様の作ったパンが夢に出てきそうです^^
<< ヘルシンキのゆるキャラ 「フィンランド」を発見 >>